MENU
カテゴリー
ナシタカ
GoProブロガー
GoPro大好きな子育てパパ。日々の撮影&動画編集で家族の思い出を残すのがライフワーク。

【GoProで子どもの撮影】おすすめの理由&アクセサリーをまとめました!

GoPro HERO10とHERO9を並べたところ

どうも、GoPro大好きナシタカです。

僕は子どもの撮影にGoProを愛用しています。持ち運びしやすく、豊富なアクセサリーを活用できる素晴らしいカメラです。

この記事では子どもの撮影におすすめな理由&アクセサリーについてまとめてみました

目次

GoProが子どもの撮影におすすめな理由

僕が実際にGoProを使っていて感じるのが、こちらの5つです。

手軽に持ち運べる

子どもとの家族旅行では荷物が多くなりがちですが、たくさんの荷物を持つのは頼れるパパの宿命です。

すると移動で大きな荷物を持ち運ぶのに精一杯で、写真の撮影には気がまわりにくい

でも移動時間も旅の思い出なので、撮影できないのはもったいないです。

大変なときでもGoProなら簡単に撮影ができます。自撮り棒をつけて撮影ボタンを押すだけでOK。

HERO9 Blackにショーティーを取り付けて最大まで伸ばしたところ

動画で撮れば後からお気に入りのシーンの写真を切り出せるので、わざわざ写真を撮影しなくてOK。

家族でランチに行ったときも、はしゃぐ子どもの写真や家族で撮影するのにGoProが大活躍

GoProとウエストバッグ

GoProがあって良かったと心から思えます。ふとした日常を気軽に、しかも高画質で動画や写真に残せる最高のカメラです。

水の中でも使える

プールや海だけでなく、急な悪天候に見舞われることがあります。そんなときに一眼レフやビデオカメラを使うのは難しいですよね?

GoProなら防水機能や防塵機能があり、カメラの心配をする必要がありません

特に夏場のプールではそのまま水中でも撮影でき、子どもの楽しむ様子が思う存分撮影できます。

3-Wayで撮影したハイアングル動画から静止画を切り出し

キャンプで川遊びしても大丈夫ですし、落として土汚れ&衝撃を受けても壊れる心配はありません。

撮影で機材を気にするのはもったいない。GoProなら撮影に集中することができ、どんな場面でも家族の思い出を残せます。

自撮り目線での撮影が簡単にできる

GoProは子どもと一緒に画面に映るのが簡単。広い範囲を撮影でき、一緒にカメラに収まれます。

GoProエルグランデで最大に伸ばしての自撮り

滑り台では前方から自分に向けて撮ると、子どもと一緒に滑っている様子が撮影できます。後で見返すと楽しいのでやって欲しい。

またHERO9以降から前面スクリーンで映像が確認でき、ちゃんと映っているかチェックしながら撮影できます。

HERO9 Blackの前面のディスプレイを実施の画面に変更

自分も楽しみながら、しかも一緒の撮影が簡単なのもGoProのいいところ。家族全員での自撮りもしやすく、家族みんなが映っている写真がものすごく増えました

様々なアングルからの撮影ができる

子どもと公園に行ったとき、走っている姿を地面すれすれから撮影してみました。

子どもの足元と青い空がバッチリと映り、「このアングルはGoProじゃないと絶対に撮れない」と一人で感動。

また広角写真が撮影できるのもGoProの良いところ。

ディズニランドホテルをGoProで撮影

GoProだからこそ撮影できる子どもの姿は最高の素材になります。

普段では絶対に見られないアングルからの撮影が、GoProならではの魅力です。

子どもも簡単に撮影できる

GoProは大人だけでなく、子どもが簡単に撮影できるカメラ。子どもが落としても壊れる心配がなく、気軽に貸せます。

子ども目線の撮影がおもしろく、パパとママの意外な姿が映っていたりと意外な楽しみが。

自宅内で勝手に撮影することもあり、カメラ目線の姿が愛くるしい。仕事帰りの楽しみになってます。

大人だけでなく子どもも一緒に楽しめるカメラです。

子どもの撮影におすすめのアクセサリー

僕がGoPro HERO10で愛用しているアクセサリーがこちらの5つです。

  1. サンディスクMicroSDカード128GB
  2. ショーティー
  3. スリーブ+ランヤード
  4. メディアモジュラー
  5. マグネットスイベルクリップ
  6. デュアルバッテリーチャージャー

詳しくはこちらの記事をどうぞ。

たまに使うアクセサリーがこちら。

GoProハンドルバーシートポストマウント

GoProハンドルバーシートポストマウントは、自転車やバイクのハンドル部分にGoProを取り付けるアクセサリーです。

GoProハンドルバーシートポストマウント

カメラ取り付け部分が360度回転し、あらゆる方向の撮影が可能です。

GoProハンドルバーシートポストマウント

ゴム製のパーツで金属バーでも滑ることなく固定でき、振動で緩むことはありません。

GoProハンドルバーシートポストマウント

このように自転車のハンドルに取り付けると、ちょっと大きいですがジャマにはなりません。

自転車にハンドルバーシートポストマウントでGoPro Fusionを取り付け

自転車に乗る子どもの表情を間近から撮影でき、普通では見ることのできない映像になります。

こういった撮影がGoProならではの魅力。自転車で大はしゃぎする様子を撮影したいならおすすめ。

GoProハンドルバーシートポストマウントレビューはこちら

GoProで子どもの撮影をするときにおすすめのアクセサリー|まとめ

アクセサリーの活用で子どもの色々な姿を撮影でき、普段の思い出がさらに楽しく残せます。

どんな映像を撮りたいか?子どものどんな姿を残したいか?自分なりに考えて必要なアクセサリーを探すのもGoProの1つの楽しみ

子どもの撮影のためのアクセサリー選びの参考にしてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる