[e]GoProでGauges(ゲージ)を追加する方法!スピードメーターで動画編集がより楽しくなる!

Gauges(ゲージ)を表示した画面

どうもGoPro大好きナシタカ(@ehicalog)です。

今回はGPSを利用した動画編集機能である「Gauges(ゲージ)」について紹介します
Gauges(ゲージ)とはGPS機能を利用したものでこの機能を利用すると動画に様々な要素を追加することができるのでより動画編集が楽しくなるのです。

ただこの機能を利用するには色々とポイントがあり特定のソフトを使わないといけないので意外に知られていない機能の1つとなっています。

そこで今回はGauges(ゲージ)の使い方から追加する方法、どういった項目があるのかを完全解説していきます。PCとiPhoneの両方で追加する方法についても載せているので、ぜひ今回の記事でGauges(ゲージ)の楽しさを知ってもらえたら嬉しいです!

スポンサーリンク

Gauges(ゲージ)とは

Gauges(ゲージ)とはGoProのGPS機能を利用したものでリアルタイムで統計データを表示できるとてもおもしろい機能
この機能を利用すると特にアクティビティでの動画などでスピードの変化などを数値で見せることができたりと動画編集の表現の幅が広がります。

こちらがGauges(ゲージ)を使ってみた動画になります。

実際にどういった機能なのかを詳しく紹介していきます。

Gauges(ゲージ)を使うにはGPSをオンにする

今回紹介するGauges(ゲージ)を使うには1つ条件があります。それは映像にGPS情報が記録されていること

つまりGPS機能をオンにして撮影しなければいけないので動画の撮影時にオフにしていた場合はGauges(ゲージ)を利用することはできません。

そのため撮影時には必ずGPSをオンにして撮影しましょう。その際にGoProのタッチディスプレイの左上にアイコンが表示されます。このように白色になっている場合はGPS信号を受信している状態。

GoPro本体のGPSオン

これがこのようにグレーアウトしているとGPSを受信できていないのでGoPro自体を動かしたりGPSをオンオフしてみたりを試してみましょう。
GoPro本体のGPSがグレーアウト

Gauges(ゲージ)が使えるGoPro

上に書いたようにGauges(ゲージ)を利用するにはGPSをオンにする必要があります。つまりGPS機能があるGoProでなければGauges(ゲージ)を利用することはできません。

GPSが備わっているおすすめのGoProだとHERO6 BLACKやHERO5 BLACKがあります。

僕も使っているHERO5 SessionはGPS機能がついていないためGauges(ゲージ)を使うことはできません。そのためGoProモデルを選び時にはこうした機能の違いに注意してください。

Gauges(ゲージ)の追加方法

Gauges(ゲージ)を利用するにはPC用編集ソフト「Quick for Desktop」が必要です。僕はMac版を使っていますがGoProから無料でリリースされているのでお使いのPCにインストールしておきましょう。

Quick for Desktopを起動してGoProを接続するとファイルのインポートボタンが表示されるので、読み込み先を選んで実行します。

ここから先の手順は動画にも載っているのでぜひ参考にしてください。

次にファイルの一覧から編集する動画を選ぶと編集画面になるので、ここからGauges(ゲージ)を追加することができます。
編集画面でのゲージの調整

このように各項目のボタンをオンにするだけで簡単に映像に追加することができます。
ゲージの調整画面

Gauges(ゲージ)の表示単位の変更

デフォルトでは高さの表示単位がフィートで距離の表示単位がマイルになっているのでこれをメートル表示に直しましょう。Quik for Desktopの環境設定を開きます。

ゲージの単位変更

環境設定の下部にインペリアルとメトリックを選ぶところがあるので、ここでメトリックを選ぶだけでOKです。

ゲージの表示単位の変更

次にゲージの各項目について見ていきましょう。

GoProロゴを画面に追加
動画にGoProのロゴを追加できます。さりげない色なので良い感じに動画のアクセントになってくれそうです。

Info Cluster:情報

情報表示

映像の情報をリアルタイムで表示する機能で単位がインペリアルのマイルとフィート表示になっています。項目としては以下の4つがあります。

Distance: 移動した距離

動画中での移動した距離を表示してくれます。
移動距離を意識したことがありませんでしたが、こうやって数値でみると「このくらい移動してるんだな」というのが分かるのでおもしろい。

Altitude: 飛行の位置を表す高度

カメラの位置がどのくらいの高さにあるかが分かります。
地上だとそこまで変化はありませんがスカイダイビングなどで使ったら数値がかなり変化してより落下している感じが出そうですね。

Elevation gain: 離陸地点からの上昇高度

カメラがスタート時からどのくらい高さが変わったかを表しています。
高低差のある場所での撮影だと変化が出ておもしろそうです。

Date and time: 映像を撮影した日時

映像を撮影した日時を表示してくれます。

Speed Tracker:スピードトラッカー

スピードトラッカー

映像中の速度変化をグラフ形式で表示してくれます。

このスピードメーターをスクラブ(マーカーを動かす)すると動画もそれに合わせて動くので、グラフの1番高い部分(最大速度)に動かせば動画で1番早いスピードが出ている部分が簡単に見つけられます。

GPS Path:GPS移動経路

GPS移動経路
移動した経路とその位置を表示してくれます。
実際の方角も正しく表示してくれるのでどのように移動したかがリアルタイムで分かります。

Speedmeter:スピードメーター

スピードメーター
移動の速度と方角をコンパスで表示してくれます。
速度の変化が数字で分かりやすく表示されるのでより臨場感が伝わりやすくなるのが嬉しいポイントです。

G-Force:重力加速度

重力加速度
動画中の重力加速度の変化を表示してくれます。
いわゆるG(ジー)と呼ばれるもので、車や自転車でカーブを曲がろうとすると外側に引っ張られそうになるあの力のこと。

激しいアクティビティで表示させるとこのGの変化が分かりやすく表示されてより臨場感が増しそうです。

Gauges(ゲージ)はレイアウトが自由

Gauges(ゲージ)は追加すると初期位置に表示されますが、各項目の大きさや位置は自由に変更することができます。

各項目をクリックすると選択されて移動や拡大と縮小が自由で比率が縦横の比率が固定されたまま変更することができるので編集もしやすい印象です。

Gauges(ゲージ)を追加したら動画を書き出す

Gauges(ゲージ)の追加が完了したら最後に動画を書き出しましょう。
編集画面で「クリップの作成」を選択します。そうするとクリップの長さを選べるので好きな長さに青いクリップ範囲を動かしましょう。できたら「保存」を選択します。

クリップの作成画面

「新しいクリップを保存の画面」が表示されます。ここでクリップ名や動画の書き出し設定を変更できます。
新しいクリップを保存の画面

書き出し設定はカスタムを変更すると解像度とフレームレートを細かく選ぶこともできます。こちらがまず解像度。
書き出しの解像度一覧

こちらがフレームレートの設定画面です。
書き出しのフレームレート一覧

設定が終わったら最後に「保存」を押すと書き出しが始まります。これで書き出しは完了です。
動画の書き出し画面

iPhoneアプリ「Quik」でGauges(ゲージ)を追加する方法

iPhoneアプリのQuikでもGauges(ゲージ)の1つであるスピードメーターだけは画面に表示させることができます。

方法はまずQuikで編集したい動画を選んで編集画面にいきます。下のメニュー欄で左から3番目を選択すると各クリップが可能です。

Quikアプリの編集画面

クリップを選択すると様々なメニューが表示されます。その中にスピードメーターがあるので選びましょう。そうするとクリップにスピードメーターが表示されます。

スピードメーターの項目 映像に表示されたスピードメーター

たまに撮影時のGPSが上手く機能しないとエラーが発生することもありますので、何本か映像を撮影しておいた方が安心で確実です。

ちなみにPCのQuikと比べるとGauges(ゲージ)の他の項目については追加はできず、スピードメーターもコンパスは無しの単純に速度の数値だけが表示される仕様になっています。

Spliceで書き出した動画にはGauges(ゲージ)が使えない

僕が使っているiPhoneSEはQuikで4K/60fpsの動画編集が出来ません。つまりGauges(ゲージ)も使えないということです。

なのでSpliceで1080pとして書き出せばいけるのでは?と考えて書き出し後にQuikでGauges(ゲージ)を追加しようとしたら、GPS情報が削除されていて追加することができませんでした。

なので僕と同じようにiPhoneSEをお使いの方は2.7K以下の解像度で撮影するようにしましょう。

[e]GoProアプリを使いこなせ!QuikやSpliceの使い方と注意点について紹介します!という記事にiPhoneSEでのQuikで編集可能な解像度とフレームレートについてまとめています。

Gauges(ゲージ)を活用して臨場感のある動画編集

全てのゲージを追加した画面

今回はGauges(ゲージ)の使い方と各項目の説明をしていきました。

実際に僕も動画編集で使っていますが、Gauges(ゲージ)のお陰で目に見えない情報を数字やグラフなど視覚的に表現できるのでとてもおもしろいなと感じています

ただ移動の様子を撮影した動画もGauges(ゲージ)が追加されることでスピードの変化の様子やどのくらい移動しているのかが一目で分かってまた違った動画になる。

特にスピードの変化は数値の増減が視覚的に加わるとより変化の度合いが伝わりやすくなって、動画を観ている人への臨場感がより強くなるのではと思います。

Gauges(ゲージ)は映像の臨場感をよりリアルに伝えることができる表現として動画編集の1つの手法としてぜひ活用してもらいたい機能

ぜひ皆さんもGauges(ゲージ)を使って動画編集を楽しんで下さい!

スポンサーリンク

この記事をかいた人

本業は整体師。大好きなGoProを始めとしたアクションカメラや動画編集、子育てなど、僕自身が体験した情報を発信しています!