GoProとGoogleフォトの組み合わせでバックアップやスマホでの動画編集がめちゃくちゃ快適になった!

ゴープロとグーグルフォトのロゴ

どうもGoPro大好きナシタカ(@ehicalog)です。

この記事ではGoProとGoogleフォトの組み合わせについて紹介しています。

僕はGoProで色々と撮影するのが楽しみなんですがどんどん撮影した映像が増えていくので、増え続けていく動画を見てふと思うのがどうやって保管しようかなと悩んでいたんですよ。

大切な思い出を残しておくためにもバックアップをしっかり取っておくことが何よりも大切です。

そんなバックアップの1つとして僕が活用しているのがGoogleフォト

オンラインストレージとしてバックアップにとても便利なのですが、Googleフォトの素晴らしいところはバックアップだけではありません。

それ以外にも様々なメリットがあり特に動画編集にとても便利な機能まで備わっているのです。

この記事を読めば、

  • GoProで撮影した映像はどこに保管すればいいのか?
  • 撮影した映像をシェアするのにいい方法はないか?
がわかるので、ぜひ読んでみてください。

Googleフォトの特徴

グーグルフォトの特徴

まず今回GoProと組み合わせるGoogleフォトはGoogleが提供している画像や動画のオンラインストレージ。

無料で15GBの容量が用意されていますがこの容量はGmailやGoogleドライブとの合算になっています。

もちろん有料プランもあり100GBを月額250円から使うことも可能です。

そんなGoogleフォトにはものすごい嬉しいポイントが3つあります。

  • 画像や動画も無制限に保存できる
  • バックアップが簡単で使いやすい
  • 共有が簡単にできる

画像や動画も無制限に保存できる

上で容量について書きましたが、実はGoogleフォトは写真や動画の解像度を制限することで容量無制限で利用することができるのです。

以下がその制限の条件になります。

  • 画像:16MP(1600万画素)
  • 動画:フルHD(1920×1080)

制限と書いてはいますが画像なら4K以上のピクセル数ですし印刷でもA4以上のサイズで印刷が可能です。

また動画についてもフルHDであれば十分綺麗なので思い出を残すレベルであれば十分でしょう。

バックアップが簡単で使いやすい

さらにGoogleフォトはめちゃくちゃ使いやすくてバックアップが簡単に取れます。

僕はMacを使っていますが、Googleフォトにアップロードしたい動画はドラッグ&ドロップするだけで簡単にアップロードが可能。

こちらのスマホアプリであればあらかじめ設定しておくことでカメラロールに入った画像や動画を自動でアップロードしておいてくれます。

Google フォト 3.11.0
分類: 写真/ビデオ
価格: 無料 (Google, Inc.)

共有が簡単にできる

さらにGoogleならではの便利さとしてGoogleアカウントでの共有が簡単にできます

アルバムで任意の画像や動画を好きな括りでまとめられて、そのアルバム単位での共有が簡単にできるのでとてつもなく便利。

「このアルバムはこの人と」「このアルバムはあの人と」といったアルバム単位での運用が簡単にできるので、写真や動画を色々な人と共有したい人にとっては使い心地最高です。

ナシタカのGoogleフォトの使い方

以上の特徴を踏まえて僕なりのGoogleフォトの使い方について紹介します。

2段バックアップの1つとして活用

まず僕の1番の目的がバックアップ

僕の場合はGoProで撮影した映像は外付けのHDDにバックアップしているのですが、それだといちいちパソコンで確認しないといけないので面倒なんですよね。

そんなときにこのGoogleフォトにもオンラインのバックアップとしてデータを保存しておきます。

そうするとiPhoneからでもアプリでデータの確認が簡単にできるのでめちゃくちゃ使いやすい

ちなみにQuik keyを活用すればiPhoneからも動画のアップロードが捗ってマイクロSDカードの容量節約に繋がるので、ぜひチェックしてみてください!

ゴープロクイックキー

Quik keyでGoProのデータをiPhoneに爆速転送!写真や動画をスマホで編集するならおすすめ

2019/03/13

Googleフォトの動画を編集用として活用

そしてもう一つの目的がGoogleフォトにアップロードした動画を編集用として利用すること

容量無制限でアップロードした動画は1080pまで圧縮されますが、それでもフルHDの解像度ですからプライベート利用であれば必要十分。

むしろ4Kで撮影した動画を簡単にフルHDに圧縮できるので、動画の自動リサイズ機能として活用したらとても便利なんですよ。

4Kのままだと重すぎて使いづらい場合には一旦Googleフォトにアップロードしてリサイズしてしまえば動画編集も快適になります。

そのためいつもフルHDで動画編集している人やスマホのGoProアプリで動画の編集をするのがメインの人には最高のツールです。

特にQuikは4Kの動画を編集できないので、Quikで編集したい場合にはこの方法で動画をリサイズすれば簡単。

僕もGoogleフォトを使ったリサイズでQuikで編集するための素材に変換するのですが、これがとても便利で一度使ったらもう手放せません。

撮影した動画の共有

GoProで撮影した動画の共有はGoogleフォトだととても簡単にできます。

Googleフォト上で動画を再生することができて、さらにこの動画プレーヤーがYouTubeのものと同じなので、プレビューがとても快適なのが嬉しいポイントです。

Premiereで作成した動画の共有

また僕のメインの動画編集ツールはPremiereなので、Googleフォトの編集用動画で動画を作成したらそれをまたGoogleフォトにアップロードします。

作成動画をフルHDサイズにすればリサイズも問題ないので、これをアルバムでまとめて奥さんと共有してます

色々なところに旅行に行った思い出を動画でまとめているので、それをいつでも見て楽しむことができるわけです。

家族との共有が簡単にできるので僕も動画の作成がかなり楽しくなりました。やっぱり自分以外の人に見てもらえるのって最高に楽しいですね!

追記:Googleフォトでの動画管理の注意点

ただしGoogleフォトでの保存はさらに注意点があって、それがこちらになります。

  • フレームレートは維持される
  • スローモーションや倍速再生ができる
  • アップロード直後は360pの低画質でしか閲覧できない

フレームレートは維持される

これまでGoogleフォトでは高フレームレート素材のものは30fps以下になってしまうとお伝えしていましたが、再度試してみたところ60fpsの素材は60fpsのまま保存されていました。

他にも試してみたところ1080p/240fpsや1080p/120fpsもちゃんとフレームレートを維持したまま保存されていたので、フレームレートに関してはそのまま保存できます。

ダウンロードしてもフレームレートが変わっていなかったのでこれは動画のバックアップにも活用できてとても便利

これならフォトではスローモーション素材としての活用もできてさらに動画編集に便利になってくれました。

スローモーションや倍速再生ができる

Googleフォトでは高フレームレートの素材がそのままアップロードできるとお伝えしましたが、実際に再生されるときは30fpsが基本になっているようです。

これは正式に発表されている数値ではないですが、速度調節から僕は30fpsで再生していると考えています。

こちらの画像をみると再生速度が0.25まで落とせるのがわかります。
Googleフォトでの再生速度調整

これは元の画像が120fpsなので30fpsを基準にすると0.25まで落とせるわけですね。

60fpsの動画だと0.5まで落とせるので、間違いなく30fpsで再生しているのがわかりますね。

アップロード直後は360pの低画質でしか閲覧できない

またGoogleフォトはアップロードした動画をGoogle側で処理しているので、アップロード直後は解像度が限られてしまいます。

こちらの画像のように360pでの再生になっているのがわかります。
Googleフォトでの解像度設定

これはアップロードした直後なのでこうなっていますが、処理が終わるとフルHDの解像度まで上げられるので心配しなくて大丈夫です。

動画の長さや一気にアップロードしたりするとこの処理に時間がかかってしまってなかなか終わらないので、そこだけ注意して待ちましょう。

GoPro Fusionの360°動画にも対応

そしてさらに僕にとって嬉しいのが、GoPro Fusionの360°動画もプレビューができることです。

今まではYouTubeにアップしてリンクを共有するのがメインでしたが、Googleフォトのおかげで360°の映像も気軽に家族と共有できるようになったのはありがたい。

これでいつでも好きなときに360°映像での思い出を振り返れるので、さらに使いやすくなりましたね。

詳しくはこちらの記事に詳しくまとめているので、合わせて読んでみてください。

[e]GoPro FusionとGoogleフォトで360度動画が簡単に楽しめる!スマホでも360度を体験できて最高です!

2018/09/02

GoogleフォトとGoProの連携:まとめ

Googleフォトを使ったGoProとの連携について紹介しましたが、解像度などに特にこだわりがない方であれば非常に使い勝手の良いツールです。

特にフルHDの解像度があれば十分とか高フレームレートの動画は使わないといった方であればGoogleフォトはめちゃくちゃ便利です。

僕も基本は4Kで撮影しますが全てを4Kの高画質で編集する必要はありません。

子供とのスナップムービーなら簡単に作れる方が楽しいので、だったら解像度を落としてスマホアプリで編集した方が簡単にクオリティが高いものが作れます。

なので元データは高解像度で撮影しておいて、編集用に使う動画についてはGoogleフォトを活用する

この使い分けで僕は動画編集がめちゃくちゃ快適になりました。

ツールも目的に合わせて活用することが大事。ぜひGoogleフォトを活用して皆さんのGoProライフ、動画編集ライフがより素晴らしいものになってくれたら嬉しいです!

僕がPremiereを使う理由

[e]動画編集ならAdobeのPremiereをおすすめする3つの理由

2017/09/20

この記事も読まれています

ABOUTこの記事をかいた人

GoProが大好きでHEOR5 Blackから子どもの撮影に活用しています。撮影した動画の編集も大好きで家族の思い出ムービーをたくさん作っているので動画編集についても紹介していきます。