[e]QuikキーでGoProのデータをスマホに爆速転送!写真や動画をスマホで編集するならおすすめ

ゴープロクイックキー

この記事をかいた人

GoPro好きな整体師。GoProのレビューから使い方まで実際に使ってみた感想を基に記事を作成しています!

どうもGoPro大好きナシタカ(@ehicalog)です。

今回はGoProで撮影したデータを素早くiPhoneに転送できる便利アイテム「Quikキー」を紹介します。

GoProは通常iPhoneへのデータ転送にはWi-Fiを通して行うのですが、解像度やフレームレートが上がるほど動画容量が増えて転送にかかる時間もかかってしまいます。

そんな時に役立つのが今回紹介するQuikキーなので、その使い方や魅力を始め、実際に僕が使ってみた感想を紹介しますー

スポンサーリンク

GoPro Quikキー

このQuikキーはGoProから発売されている純正のアイテムになります。

このように耐候性のケースが付属しているので、この中に入れておくことで端子部分をしっかりと保護した状態で持ち歩くことができます。
クイックキーのセット内容

Quikキーのおすすめメリット

では実際にQuikキーを使って感じたメリットについて書いていきます!

iPhoneへのデータ転送が爆速

ライトニング端子

まずQuikキーの最大のメリットがiPhoneへのデータ転送がとても速いこと

Wi-Fi転送では時間がどうしてもかかってしまいがちですが、Quikキーを利用することでiPhoneとマイクロSDカードを繋げることができるのでかなりの時間短縮が可能。

ライトニング端子をアップで

転送にかかる時間を最大限に抑えられるので、時間の節約になる素晴らしいアイテム。

バッテリーの節約になる

データ転送ではGoProとiPhoneをWi-Fiで接続する必要があるため、自然とバッテリーの消費が激しくなります。

その中でデータの転送を行うのでさらに時間もかかってしまい、気付けばかなりバッテリーが減っていることもあります。

そうした問題も直接iPhoneに接続できるQuikキーであればWi-Fiが不要な上に転送時間も短いので、バッテリーの大幅な節約に繋がるのです。

後からのバッテリー充電の時間を減らすことができるので、使い勝手としても抜群。GoProのデータ転送がよりやりやすくなる便利アイテムです。

見た目が良い上にコンパクト

さらにQuikキーの良いところが見た目の良さ

大きさもコンパクトでどこにでも持ち歩けるのでとても便利です。

HERO6と大きさを比べるとそのコンパクトさが伝わります。

クイックキーをヒーロー6と比較

このように耐候性ケースとカラビナ付きなのでどこかに付けておいても良いですね。

クイックキーを持ち運び

耐候性ケースからの取り出しもスムーズで、使い勝手も良し。

耐候性ケースの取り外し
この使いやすさはGoProの持ち運びのしやすさと相まってい最高の使い心地です。

Quikキーの使いにくいところ

素晴らしいメリットがあるQuikキーですが、もちろん完璧な商品ではありません。実際に僕が使ってみて分かったデメリットについて紹介します。

マイクロSDの取り外しが面倒

これは細かいところでQuikキーの問題ではないのですが、GoProからマイクロSDカードを取り出すのが面倒です。

ケースを外して下のバッテリードアを開けてマイクロSDカードを取り出して…と手間がかかるのが頂けないところです。

なんならUSB-CとLightningで直接転送できたら便利なのになと思ったり。

ただ手間はかかりますがその分転送はとても速くなるので十分。もう少し使いやすくなってくれたらいいなと。

さらにはマイクロSDカードを取り出す訳ですから、作業を行う環境には最新の注意を払いましょう。

例えばプールで撮影した映像を確認したいからとプールサイドで取り出して…となると、GoPro本体もマイクロSDカードも水没の危険性があるので気をつける必要があります。

転送可能な解像度とフレームレートに制限がある

これは使ってみて初めて分かったんですが、Quikキーから転送できない解像度とフレームレートがあります。

僕の使っているiPhoneSE(32GB、iOS11.2.2)で試した結果をこちらの表にまとめてみました。

解像度FPSプレビューダウンロード
4K60×
 30×
 24×
4K(4:3)30×
 24×
2.7K120×
 60×
 30
 24
2.7K(4:3)60×
 30×
 24
144060×
 30
 24
1080240×
 120×
 60
 30
 24
72060

この表のようにプレビュー自体はできるのですが、ダウンロードができない解像度が多くなっています

特に僕が普段の撮影で利用することの多い4Kや2.7K、1080pでの高フレームレート映像が全くダウンロードできないのはかなり痛い。むしろここがダウンロードできなかったから僕にとっては必要のないアイテムになってしまいます。

というか致命的に使いづらい。期待していた分だけ残念な結果になってしまいました。

iPhoneで編集しないならそもそも必要ない

そもそもこのQuikキーはiPhoneにデータを転送することが目的。

iPhoneに転送をして編集をするでも無い限りはわざわざiPhoneにダウンロードする必要もないので、全く必要の無いアイテムになります。プレビュー程度ならWi-Fiで十分にできますからね。

なのでこのQuikキーは必要な人と必要の無い人がハッキリと分かれるアイテムなので、自分の使い方や編集スタイルを考えて購入するかを選びましょう。

僕の場合はこれから紹介する使い方に期待して購入を決めました。

Quikキー×Googleフォトが編集に便利

僕なりの使い方としては旅行先でのGoogleフォトへのデータバックアップや編集準備としての活用を考えています。

僕はGoProとGoogleフォトとの組み合わせをかなり活用しています。

詳しくはこちらの記事にまとめています。

合わせて読みたい!

[e]GoProとGoogleフォトの組み合わせでバックアップやスマホでの動画編集がめちゃくちゃ快適になった!

このように動画のリサイズのためにもGoogleフォトへのアップロードが欠かせない工程ですが、これをするためには今までパソコンがなければスムーズに作業をすることができませんでした。

それがQuikキーのお陰でこれらの作業が旅行先でもやりやすくなったので、その日の内にiPhoneに転送→Googleフォトへアップロードがスムーズに行えるようになります。

その日に気に入った動画を選定しておくことができるので、帰宅してからの編集作業がかなり捗りそう。

出先でこの作業ができるのはかなり快適です。僕は旅行にはMacを持っていきません。なので撮影したデータの編集は基本的に帰宅してから。

そのためそこからデータの整理やGoogleフォトへの作業用動画のアップロードとやることが山積みでいつも時間がかかってしまいます。

そうした問題を一気に解決してくれる可能性が、このQuikキーにはあるのです。

ただ実際には解像度の対応があるので完璧にはできません。

撮影のメインが1080pや2.7Kでフレームレートもそんなに高くしないで撮影する人にはおすすめですね。

オンラインストレージの活用でバックアップ

さらにはGoogleフォトではなく他のオンラインストレージを使えば元データをバックアップすることも可能

僕はOneDriveの容量が30GBくらいはあるので、マイクロSDカードの容量が厳しいときはこちらにバックアップとして移動して空きを作ることもあります。

マイクロSDカードを複数用意しておけば良い話なのですが、費用もけっこうかかるので気軽に準備できません。

そういう場合はQuikキーを活用して上記のようなオンラインストレージの活用をすることもできるので、覚えておくとピンチの時に役立ちます。

これも解像度の問題があるので撮影のメインが1080pや2.7Kでフレームレートもそんなに高くしないで撮影する人におすすめです。

まとめ:人によって超絶便利なアイテムです!

QuikキーはiPhoneへのデータ転送を快適にしてくれるとても便利なアイテム。

だからこそiPhoneでの編集などを行わないのであれば全く必要のないアイテムでもあります。

今回は実際に使ってみて高解像度・高フレームレートのダウンロードができないことがわかったので、僕にとっては全く使う必要のないアイテムだということがわかりました。

ただこのあたりは調べてみると普通に4K動画をダウンロードできている人もいるので、原因が全くわかりません。Quikキー自体にアップデートがある訳でもないので、ちょっとお手上げ状態ですね。

というわけで結果的には僕にとっては必要のないアイテムとなりました。

上に書いたように撮影のメインが1080pや2.7Kでフレームレートもそんなに高くしないで撮影する、こんな場合には実際に試してみても良いのでは?という感じ。

また解決策を調べてみますが、ひとまず4K動画や高フレームレート素材を扱う方は注意してください。

その他のおすすめマウントはこちらの記事からどうぞ!

合わせて読みたい!

[e]GoPro HERO6/HERO5に必要なアクセサリーとおすすめのマウントについて紹介します

スポンサーリンク

スポンサーリンク