Quik keyでGoProのデータをiPhoneに爆速転送!写真や動画をスマホで編集するならおすすめ

ゴープロクイックキー

どうもGoPro大好きナシタカ(@ehicalog)です。

この記事ではGoProで撮影したデータを素早くiPhoneに転送できる、「Quik key(クイックキー)」を紹介します。

GoProはiPhoneへのデータ転送にはWi-Fiを通して行うのですが、解像度やフレームレートが上がるほど動画容量が増えて転送にかかる時間もかかってしまいます。

そのためスマホに転送したくても時間がかかるから面倒になってしまったり、iPhoneとGoProのバッテリー消費が激しいので使いにくいんですよ。

せっかくのスマホ連携の機能が、これではもったいないですよね。

そんな悩みを解決してiPhoneにGoProで撮影したデータを爆速で転送してくれるのが、今回紹介するQuik key。

これを使ってからはスマホへの転送が爆速になって、とても快適になったので、その使い方や魅力をレビューします。

GoPro Quik key(クイックキー)

このQuik keyはGoProから発売されている純正のアイテムになります。

クイックキーのセット内容

このように耐候性のケースが付属しているので、端子部分をしっかりと保護した状態で持ち歩くことができます。

Quik keyのメリット

Quik keyを使うメリットについてまとめます。

iPhoneへのデータ転送が爆速

ライトニング端子

Quik keyの最大のメリットが、iPhoneへのデータ転送がとても速いこと

Wi-Fi転送では時間がどうしてもかかってしまいがちですが、Quik keyを利用することでiPhoneとマイクロSDカードを繋げることができるのでかなりの時間短縮ができます。

ライトニング端子をアップで

転送にかかる時間を最大限に抑えられるので、時間の節約になる素晴らしいアイテムです。

バッテリーの節約になる

データ転送ではGoProとiPhoneをWi-Fiで接続する必要があるため、自然とバッテリーの消費が激しくなります。

そうした問題も直接iPhoneに接続できるQuik keyであれば、Wi-Fiが必要ないのと転送時間も短いのでバッテリーの大幅な節約に繋がります。

バッテリー充電の時間を減らすことにもなるので、使い勝手としても抜群です。

見た目が良い上にコンパクト

さらにQuik keyの良いところが見た目の良さ

大きさもコンパクトで、どこにでも持ち歩きしやすい。

HERO6 Blackと大きさを比べると、そのコンパクトさが伝わります。

クイックキーをヒーロー6と比較

このように耐候性ケースとカラビナ付きなので、どこかに付けておいても良いですね。

クイックキーを持ち運び

耐候性ケースからの取り出しもスムーズで、使い勝手も良い。

耐候性ケースの取り外し

この使いやすさは、GoProの持ち運びのしやすさと相まって最高の使い心地です。

Quik keyの使いにくいところ

素晴らしいメリットがあるQuik keyですが、もちろん完璧な商品ではありません。

実際に僕が使ってみて分かったデメリットがこちら。

マイクロSDの取り外しが面倒

これは細かいところでQuik keyの問題ではないのですが、GoProからマイクロSDカードを取り出すのが面倒です。

ケースを外して、下のバッテリードアを開けて、マイクロSDカードを取り出して…と手間がかかる。

なんならUSB-CとLightningを繋いで直接転送できたら便利なのになと思ったりしてしまいますね。

手間がかかる分は転送がとても速くなるのですが、もう少し使いやすくなってくれたらいいなと。

さらにはマイクロSDカードを取り出す訳ですから、作業を行う環境には最新の注意を払いましょう。

例えばプールで撮影した映像を確認したいからとプールサイドで取り出して…となると、GoPro本体もマイクロSDカードも水没の危険性があるので気をつける必要があります。

転送可能な解像度とフレームレートに制限がある

これは使ってみて初めて分かったんですが、Quik keyで転送できない解像度とフレームレートがあります。

僕の使っているiPhoneSE(32GB、iOS11.3)で試した結果をこちらの表にまとめています。

2018年4月7日に再度試してみました!

解像度FPSプレビューダウンロード
4K60
 30
 24×
4K(4:3)30×
 24×
2.7K120
 60
 30
 24
2.7K(4:3)60
 30
 24
144060
 30
 24
1080240
 120
 60
 30
 24
72060

今回試したところ4K60fpsや2.7K、1080pも、問題なくダウンロードできています。

4K24fpsや4K(4:3)はやはりダウンロードができませんでしたが、このあたりの解像度やフレームレートでの撮影は僕はほとんど行わないので全く問題なし。

iPhoneで編集しないならそもそも必要ない

そもそもこのQuik keyは、iPhoneにデータを転送することが目的です。

iPhoneに転送をして編集をするでも無い限りは、わざわざiPhoneにダウンロードする必要もないので、必要ありません。

プレビュー程度ならWi-Fiで十分にできますからね。

Quik keyは必要な人と必要の無い人がハッキリと分かれるアイテムなので、自分の使い方や編集スタイルを考えて購入するかを選びましょう。

僕の場合はこれから紹介する使い方に期待して購入を決めました。

Quik key×Googleフォトが編集に便利

僕なりの使い方としては旅行先での、Googleフォトへのデータバックアップや編集準備として活用しています。

ゴープロとグーグルフォトのロゴ

GoProとGoogleフォトの組み合わせでバックアップやスマホでの動画編集がめちゃくちゃ快適になった!

2019/04/16

このように動画のリサイズのためにもGoogleフォトへのアップロードが欠かせない工程なのですが、これをするためには今までパソコンがなければスムーズに作業をすることができませんでした。

でもQuik keyがあれば旅行先でもこの作業が行えるので、その日の内にiPhoneに転送→Googleフォトへアップロードをしておくことができます。

その日に気に入った動画を選定しておくことができるので、帰宅してからの編集作業がかなり捗りますよ。

僕は旅行にはMacを持っていかないので、撮影したデータの編集は基本的に帰宅してから。

そのためそこからデータの整理やGoogleフォトへの作業用動画のアップロードと、やることが山積みでいつも時間がかかってしまっていました。

そうした問題を一気に解決してくれたのが、Quik keyです。

撮影で良く使う4K60fpsの動画もWi-Fi転送に比べると、爆速でiPhoneに転送できるのはかなり使いやすい。

GoPro非推奨のマイクロSDカードは使えない

Quik keyはGoPro非推奨のマイクロSDカードだと、反応せずに使えないことがありました。

非推奨のマイクロSDカードを使っている方は注意が必要です。

僕はメルカリで購入した安いMicroSDカードで試したのですが、詳しくはこちらの記事にまとめているので合わせて読んでみてください。

GoProでのマイクロSDカード選びの失敗談

[e]GoProのマイクロSDカード選びの失敗談!非推奨のカードを使って起こった不具合について紹介します!

2018/06/30

Quik Key(クイックキー):まとめ

Quik KeyはiPhoneへのデータ転送を快適にしてくれる、とても便利なアイテム。

Quik KeyをGoogleフォトと組み合わせることで、iPhoneでの編集だけでなく出先からのバックアップができて、マイクロSDカードの容量節約にも繋がります。

これさえあれば旅先での高解像度での撮影がより気軽にできるので、Quik KeyはGoProの楽しさをより倍増させてくれる最高のアイテムです。

HERO6とHERO5 BLACKにおすすめのマウントまとめ

今までに使ったGoProのアクセサリーを紹介!おすすめのアクセサリーからおもしろアクセサリー、シーン別のおすすめまでまとめていきます

2019/06/09

この記事も読まれています

ABOUTこの記事をかいた人

GoProが大好きでHEOR5 Blackから子どもの撮影に活用しています。撮影した動画の編集も大好きで家族の思い出ムービーをたくさん作っているので動画編集についても紹介していきます。