MENU
カテゴリー
ナシタカ
GoProブロガー
GoPro大好きな子育てパパ。日々の撮影&動画編集で家族の思い出を残すのがライフワーク。

【GoProメディアモジュラーレビュー】子どもの声がよりクリアに撮影できる高性能マイク搭載

ナシタカのアイコン画像ナシタカ

この記事ではGoProメディアモジュラーを実際に使ってみた様子をレビューしています。どんな特徴があるのか?メディアモジュラーを使うとどうなるのか?についてまとめています!

どうも、GoPro大好きナシタカです。

GoPro HERO8から専用のモジュラーが発売されて、機能拡張ができるようになりました。

その中でも基本になるのが、こちらのメディアモジュラーです。

GoProメディアモジュラー

内蔵指向性マイクと外部入出力ポートを備えていて、テレビに接続したり外部マイクとも接続できるアクセサリーになっています。

このメディアモジュラーを使い始めてからは、子どもの声がより大きく&クリアに録音できて、後から見返したときにすごい楽しいんですよ

GoProの音質がここまで良くなるなんて、正直想像以上でとてもうれしい。

そこでこの記事ではGoProメディアモジュラーの外観やメリット、デメリットをまとめつつ、子育てカメラとして実際に使ってみた感想をより詳しくまとめています。

こちらを読めば、

  • メディアモジュラーってなに?
  • 使うとどうなるの?

といった、GoProメディアモジュラーへの疑問が解決します。

GoProの楽しみ方が増える素晴らしいアクセサリーなので、ぜひ読み進めてくださいね。

目次

GoProメディアモジュラーとは?

メディア モジュラーを取り付ければ、HERO8 Black がパワフルなクリエーション ツールに変身。高性能の指向性マイクを内蔵し、好みに応じて外部マイクをセットできる 3.5 mm マイク端子を装備しています。HDMI 出力端子はテレビでのスムーズな再生に、2 つのコールドシュー マウントは外付けライトやマイク、LCD スクリーンを付ける際に使用できます。

  • 内蔵指向性マイクが極めてクリアな音質を実現し、風の音や周囲の雑音を軽減
  • 好みに応じてライトやマイク、LCD スクリーンを外付けできる 2 つのコールドシュー マウントを搭載
  • 外付けマイクでオーディオを強化できる 3.5 mm マイク端子
  • 映像の確認や再生ができる HDMI 出力端子
  • 持ち運びがラクで簡単にマウントできる、個性的でコンパクトなラップアラウンド デザイン
  • HERO8 Black 用ディスプレイ モジュラーおよびライト モジュラーと併用できるように設計されていながら、サードパーティー製のアクセサリーとの互換性もあり

GoPro公式サイトより引用

名称GoProメディアモジュラー(モジュラー)
大きさ85 × 70 × 32mm
重さ49g(メディアモジュラーのみ)
164g(HERO8に装着時)

GoProメディアモジュラーの外観

GoProメディアモジュラーは、HERO8専用の機能拡張アクセサリーです。

GoProメディアモジュラー

大きさは85 × 70 × 32mmとなっていて、マイクがついているため左右非対称の形となっています。

重さは49gとなっていて、手で持つと思っていたよりも軽い印象。

GoProメディアモジュラーの重さ

目に付くのが右上にあるマイク。

GoProメディアモジュラーの内蔵指向性マイク

後ほど詳しく紹介しますが、このマイクで前方または後方のどちらを優先して録音するかを選ぶことができます。

そして上側には録画ボタンとホースシューがあります。

GoProメディアモジュラーの上部

さらに右側にもホースシューがあり、2ヶ所にカメラアクセサリーが取り付けられるようになっています。

GoProメディアモジュラーの右側

別売りのライトモジュラーは、このホースシューを利用すれば最大で2ヶ所に取り付け可能。

GoProライトモジュールをメディアモジュールに取り付けたところ

右側は開閉するようになっているので、モードボタンだけがついています。

GoProメディアモジュラーの左側

底面にはビルドインマウント用の穴が空いています。

GoProメディアモジュラーの底面の穴

裏側には各種のポートがついています。

GoProメディアモジュラーの裏側
  • mini HDMIポート
  • USBーCポート
  • 3.5mmマイク端子

外部接続ができるようになるので、テレビに接続したり他のマイクを接続することができます。

メディアモジュラーの装着方法は、まずこのように横を開きます。

GoProメディアモジュラーの側面を開いたところ

そしてHERO8のサイドドアを外します。

GoPro HERO8のサイドドアを外したところ

サイドカバーを外したHERO8を、横からスライドさせて装着しましょう。

GoProメディアモジュラーにHERO8を装着するところ

奥にUSB-C端子があるので、これをHERO8に接続します。

GoProメディアモジュラーのUSB-C端子

奥までしっかりとスライドさせて、しっかりとハマっているのを確認しましょう。

GoProメディアモジュラーにHERO8を装着するところ

最後にドアを閉じれば、HERO8の装着は完了です。

GoProメディアモジュラーにHERO8を装着するところ

GoProと組み合わせても164gと軽いです。

GoProメディアモジュラーにHERO8を装着した時の重さ

実際に手に持ってみても、ほとんど重さを感じません。

GoProメディアモジュラーを手に持ったところ

もちろんこのままシャッターボタンとモードボタンの操作ができるので、メディアモジュラーをつけていても操作性が落ちることはないので安心してください。

GoProメディアモジュラーの良いところ

GoProメディアモジュラーを実際に使ってみて感じた良いところが、こちらの3つです。

内蔵指向性マイクを使って撮影できる

GoProメディアモジュラーを装着すると、この内蔵指向性マイクを使った録音ができるようになります。

GoProメディアモジュラーの内蔵指向性マイク

内蔵指向性マイクというと難しいですが、簡単に言えば特定の方向の音を優先的に拾うというもの

メディアモジュラーを装着すると、このように撮影設定に『マイク』という項目が追加されます。

GoProメディアモジュラーで設定項目にマイクが追加

ここでマイクの前方または後方の、どちらを優先して録音するかが選択可能に。

GoProメディアモジュラーで前方マイクを優先

つまり前方を優先するか後方を優先するか、自分で決められるわけです。

僕の場合は子ども撮影に使うのがメインなので、前方を優先して録音するように設定。

GoProメディアモジュラーで前方マイクを優先

すると子どもの声が、今までの2倍以上大きく&クリアに録音されるようになりました

想像以上に音声が良くなったので、これだけで買って良かったなと心から思っています。

ちなみにこの設定はメディアモジュラーを外すと、自動で元の設定に戻ります。

GoProをテレビに接続できる

GoProメディアモジュラーにはMini HDMIポートがついているので、ディスプレイに出力することができます。

GoProメディアモジュラーのポートを近くで

僕は今までずっとGoProをテレビに接続して楽しんでいたので、HERO8でもやっとテレビに接続できるようになりました。

GoPro HERO8をテレビに接続したところ

画面や操作方法は今までのモデルよりも進化しており、操作しやすくなっているのも良いですね。

メディア一覧画面

GoProメディアモジュラーで向上した音声もGoPro本体の再生では違いがわかりにくいのですが、テレビで再生するとその違いが実感できます。

▼HERO8をテレビに接続する方法はこちら

充電がしやすい

GoProメディアモジュラーにはMini HDMIポートだけでなく、USB-Cポートもあります。

GoProメディアモジュラーの裏側

なのでケーブルを挿すだけで簡単に充電できて、カバーを開ける手間がありません。

GoProメディアモジュラーで充電しているところ

こうやって気軽にケーブルを接続していつでも充電できるので、充電を忘れることがなくなったのがうれしい

こうした地味な使いやすさは、日々撮影で使い込んでいる僕にとってはとてもうれしいポイントです。

GoProメディアモジュラーのイマイチなところ

メディアモジュラーを使っていて、イマイチだなと思ったのがこちらの3つです。

防水性能はなし

GoProメディアモジュラーを取り付けるには、HERO8のサイドカバーを外す必要があります。

HERO8のサイドドアを外したところ

さらにGoProメディアモジュラーもマイクや電源ポートがあるため、防水性能が全くないので注意が必要

GoProメディアモジュラーのポートを近くで

プールや海などの水辺はもちろん、雨や雪などの天候には気をつけないといけません

子どもとの水遊びでも注意しないといけないので、防水があったら最強だったなと思いますね。

サイズ感が変わる

メディアモジュラーは指向性マイクを含めるとサイズも大きくなるので、ポケットからの出し入れがやりにくくなります

GoProメディアモジュラーを手に持ったところ

今までスッポリ収まっていたジャケットのポケットでも、メディアモジュラーがあるとかさばってしまい、出し入れがしにくくなったのは残念。

GoProの気軽に持ち運べる感じがなくなってしまうので、このサイズ感の変化は気をつけたほうがいいですね。

ビルトインマウントが使いづらくなる

GoProメディアモジュラーをつけると底に厚みが出るため、ビルトインマウントが使いづらくなります

GoProメディアモジュラーでビルドインマウントを立てたところ

メディアモジュラー付属のネジ程度の厚さであれば、ギリギリ締められるくらいに厚みが出てきます。

GoProメディアモジュラーでネジを締めたところ

これがサードパーティー製のアクセサリーに付属しているこちらのスクリューネジだと、持ち手部分が大きくてぶつかってしまい使えません

GoProメディアモジュラーでスクリューネジがぶつかって締められない

このように持ち手がぶつかって、ネジが最後まで締められない状態に。

持ち手が大きいネジの方が取り外しが楽なのですが、回しにくいネジしか使えないのは地味に不便です。

GoProメディアモジュラーで子どもの声がクリアに録音できる

GoProメディアモジュラーを使ってからの大きな変化が、子どもの撮影がもっと楽しくなったことです。

メディアモジュラーのマイクのおかげで、子どもの声がより大きく&はっきりと録れるようになりました

GoProメディアモジュラーの内蔵指向性マイク

特に子どもとの距離が離れていても、今まで以上に声を拾ってくれるようになったので、撮影が楽になったのもうれしいポイント。

GoProメディアモジュラーのマイク後面

またメディアモジュラーがあれば、テレビに接続してGoProの映像を楽しめるので、その日に撮影した映像を子どもと一緒に楽しめます

テレビに出力すると音声の違いがはっきりとわかるので、後から見返して「こんなこと喋ってたんだ」とか「こんなに喋れるようになったんだ」と子どもの成長で新たな発見も。

家族の思い出が簡単に、しかもよりハイクオリティで残せるようになったので、GoProメディアモジュラーは素敵なアクセサリーだなと実感しています。

GoProメディアモジュラーレビューまとめ

デザイン
機能性
価格
総合評価

ここまでGoProメディアモジュラーレビューとして、その特徴やメリット、デメリットについて書いてきました。

HERO8の機能を拡張することで、GoProの楽しみ方が倍増する最高のアクセサリーです。

内蔵指向性マイクで音質が向上するので、映像のクオリティが上がって撮影が楽しくなりますし、テレビに接続して家族みんなで楽しむこともできる。

まさにGoProを子ども撮影用のカメラとして使うなら、必須のアクセサリーと言えます。

僕はGoProメディアモジュラーを実際に使ってみて、買って良かったなと心から思っています。

少し値段は高めですが、それだけの価値がある素敵なアクセサリーなので、ぜひ試してみてください。

あわせて読みたい
【厳選】GoPro HERO8 Blackにおすすめのアクセサリー9選!選ぶポイントとは?
【厳選】GoPro HERO8 Blackにおすすめのアクセサリー9選!選ぶポイントとは?どうも、GoPro大好きナシタカです。GoPro HERO8 Blackは前モデルから大きな進化を遂げているので、撮影で使うアクセサリーもだいぶ変わりました。僕の中でも「これだ!...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる