MENU
カテゴリー
ナシタカの画像
ナシタカ
GoProブロガー
GoPro大好きな子育てパパ。日々の撮影&動画編集で家族の思い出を残すのがライフワーク。

【GoProでmicroSDカードをフォーマット】データ削除&メンテナンスする方法

ナシタカのアイコン画像ナシタカ

この記事ではGoProでmicroSDカードをフォーマットする方法について紹介しています。フォーマットの方法だけでなく、フォーマットをする理由についてもまとめています!

どうも、GoPro大好きナシタカです。

GoProで撮影するときに欠かせないのが、microSDカードです。

日々の撮影でデータも自然に増えていく中で、microSDカードのメンテナンスをするのが大切になりますが、ちゃんとやっていますか?

「メンテナンスなんてしてない!」という方におすすめしたいのが、microSDカードのフォーマットです。

定期的にmicroSDカードをフォーマットすることで、GoProのバグ発生を防ぐことができるのでかなりおすすめ。

でもいきなりSDカードのフォーマットとか言われても、ピンとこないのが普通です。なのでこの記事ではフォーマットをする理由からその方法まで、しっかりと解説していきますのでぜひ参考にしてください!

目次

GoProのmicroSDカードのフォーマットってなに?

GoProは撮影した動画や写真を、microSDカードにデータとして保存しています。

MicroSDカードとアダプタ

なのでmicroSDカードにはどんどん撮影したデータが溜まっていくので、容量以上のデータを保存することができません。

そんな容量に近づいたmicroSDカードをフォーマットすると、中のデータをすべてキレイに削除できるんですよ

つまりGoProのmicroSDカードのフォーマットとは、これからの撮影に備えてカードの容量を空ける作業と言えますね。

GoProのmicroSDカードをフォーマットする理由

ではなぜGoProで、microSDカードのフォーマットをしないといけないのでしょうか?

そこにはこちらの2つの理由があります。

データの削除

まず1つめは上にも書いたように、データを削除してmicroSDカード自体の容量を空けるためです。

特に16GBなどの容量の小さなmicroSDカードでは、GoProで撮影しているとすぐに容量がいっぱいになってしまいます。

なのでクラウドやPCのバックアップを取ったら、すぐにフォーマットして容量を空けておくことが大切。

こうしておけば次の撮影のときに、「容量がいっぱいで撮影できない!」といった悲しい事態になるのを防げます。

真っ新な状態に戻して性能アップ

「でも容量を空けるなら、普通に動画とか写真を削除すれば良くない?」と思う方も多いでしょう?

実はただ削除しただけだと、完全にデータを消すことができません

一応容量は空くのですが、ファイル内に目に見えない細かいゴミが溜まっていくような感じ。

このゴミが積もってきてしまうと、GoPro本体での内部処理をジャマする原因になって、GoProのバグが発生しやすくなってしまうのです。

フォーマットはこの細かなゴミも全部取り除いて、microSDカードを真っ新な状態に戻してくれるんですよ。

なので定期的にフォーマットしておけば、microSDカードを常に良い状態に保てるので、GoProのバグが発生するのを防ぐこともできるのです。

これがフォーマットする1番の理由なので、バックアップが終わる度に必ずフォーマットするクセをつけておきましょう。

GoProでmicroSDカードをフォーマットする方法

SDカードは定期的にフォーマットすることで、最高のパフォーマンスで使い続けることができます。

フォーマットの手順はモデル別に以下を参考にしてください。

HERO8/HERO7 Blackでのフォーマット方法

HERO8とHERO7 Blackでは画面の表示内容に若干の違いはありますが、手順はほぼ一緒です。

GoPro本体を起動後に画面を上から下にスワイプし、ダッシュボードから『ユーザー設定』を選択しましょう。

HERO8のダッシュボード画面

次に一番下の『リセット』を選択します。

HERO7 BlackでのSDカードフォーマット手順

一番上の『SDカードをフォーマット』を選択します。

HERO7 BlackでのSDカードフォーマット手順

最後に確認のダイアログが表示されるので、『初期化』を選択します。

HERO7 BlackでのSDカードフォーマット手順

これでHERO8とHERO7 BlackでのSDカードのフォーマットは完了です。

HERO6/HERO5 BLACKでのフォーマット方法

起動したら画面を上から下にスワイプします。

HERO6 Blackの撮影画面

次に設定を選択しましょう。

ゴープロ本体の設定画面

下の方に進んでいくと「SDカードのフォーマット」の項目があるのでそちらを選択。

SDカードをフォーマットの項目

もう一度確認画面が出るので「削除」を選択するとフォーマットが開始されます。

SDカードのフォーマット確認画面

HERO5 Sessionのフォーマット方法

タッチディスプレイが無いためステータススクリーンを見ながらボタンで操作をします。モードボタンを押していくと「ファイルの削除」が表示されるのでこちらを選びましょう。

ヒーロー5セッションのフォーマット方法

これでフォーマットは完了です。

Fusionのフォーマット方法

Fusionもタッチディスプレイが無いのでステータススクリーンを見ながら操作をします。モードボタンを押して設定画面を開きましょう。

Fusionの設定

さらに進んでいくと日付などを設定するところが現れます。

Fusionの設定項目

そこから下にカーソルを移動していくと「初期化」の項目が出てきます。これがフォーマットにあたる項目なので選択しましょう。

Fusionの初期化の項目

初期化では2枚挿入されているSDカードを個別にフォーマットすることもできますが、特に理由がなければ「両方」を選択して同時にフォーマットしておきましょう。

Fusionの初期化するSDカードの選択

最後に確認画面が出てくるので「OK」を選べばフォーマットは完了です。

SDカード初期化の確認画面

iPhoneからSDカードをフォーマット

iPhoneからのフォーマット操作はどのモデルも同じです。Wi-Fiで接続したGoProをアプリから選択し、プレビュー画面で右下の設定を選びます。

GoProアプリで接続したときの画面

ここから下に進んでいくと「SDカードからすべてのファイルを消去」の項目が出てくるので選択します。

SDカードからすべてのファイルを消去を選択

最後に確認画面が出てくるので「すべてのファイルを消去(フォーマット)」を選択します。これでフォーマットは完了です。

アプリからのフォーマット確認画面

MacでSDカードをフォーマット

Macでは「ディスクユーティリティ」というアプリからSDカードをフォーマットすることができます。

Macでのフォーマット操作

フォーマット形式としては32GB以下のSDカードの場合は「MS-DOS(FAT)」、64GBのSDカードの場合は「ExFAT」を選択しましょう。

詳しくはこちらの公式サイトのページを参考にしてくださいね。

SD カードのフォーマット

GoProでmicroSDカードをフォーマットする方法まとめ

ここまでGoProでmicroSDカードをフォーマットする方法を理由も含めて書いてきました。

microSDカードをフォーマットすると、真っ新な状態に戻せて性能がアップするのが1番のメリット。GoPro本体のバグを防ぐことにも繋がってきます。

定期的にmicroSDカードをフォーマットする習慣を身に付け、GoProでの撮影が快適にできるように準備しておきましょう。

あわせて読みたい
【徹底解説】GoPro用SDカードの選び方とおすすめを紹介します!
【徹底解説】GoPro用SDカードの選び方とおすすめを紹介します!どうも、GoPro大好きナシタカです。GoProで必須のアイテムが『microSDカード』。本体に付属していないので自分で用意する必要があり、これがないと撮影を行うことができ...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる