MENU
カテゴリー
ナシタカ
GoProブロガー
GoPro大好きな子育てパパ。日々の撮影&動画編集で家族の思い出を残すのがライフワーク。

【GoPro で縦撮り】撮影方法や設定、おすすめアクセサリーを紹介します!

どうも、GoPro大好きナシタカです。

この記事ではGoProの縦撮りについてまとめています。

縦撮りは被写体をメインにしたいときに便利で、僕も子どもの撮影でよく使っている方法。

縦撮りの方法おすすめアクセサリーを紹介します。

目次

GoProの縦撮りとは?

縦撮りとはGoProを縦にして撮影する方法です。

縦にして撮ると上下方向に広く撮影でき、人物の動きをしっかりと映像に残せます。

こちらはバドミントンをしているところを撮影。羽が高く上がっているところもバッチリです。

こちらは神社の参道を撮影。縦撮りのほうが道の奥行きを感じやすいですね。

このように上下方向に広く撮影でき、横撮りとは違う雰囲気で撮影できます。

GoPro HERO10で縦撮りの撮影方法

GoProで縦撮りするには、縦にして撮影ボタンを押すだけ。これだけで縦撮りができます。

さらに画面方向ロックの設定をしておくと楽ちん。GoProを縦にしてから画面を上から下にスワイプし、ダッシュボードを表示させます。

中央のアイコンが画面方向ロック機能。ここが青くなると現在の向きでロックされます。

これで縦撮りだけできるようになり、間違って横撮りになることはありません。

GoPro HERO10の縦撮りにおすすめのアクセサリー

GoProなら楽に縦撮りできますが、アクセサリーがあればもっとスムーズに撮影できます。

僕がおすすめしたいのがこちらの2つです。

スリーブ+ランヤード

スリーブ+ランヤードは首からGoProを下げられるアクセサリーです。

HERO10にスリーブを装着

縦に構えればすぐに縦撮りができ、横撮りへの切り替えもすぐにできるのが特徴。

そのため通常の撮影はもちろん、縦撮りもカンタンにできるので日常使いにおすすめです。

▼スリーブ+ランヤードレビューはこちら

縦撮りマウント

縦撮りで固定撮影をするには、GoProを縦に取り付けられるアクセサリーが必須。

例えばこちらのアクセサリー。自撮り棒や三脚にGoProを縦にして取り付けられます。

こちらはさらにGoProを横と縦に2台取り付けらるようになっています。

縦撮りマウントがあると、固定撮影でも縦撮りができて撮影が楽しくなりますよ。

まとめ|GoProで縦撮りを楽しもう

GoProでの縦撮りは簡単ですが、設定をすればさらに撮影がしやすくなります。

またアクセサリーを活用すれば固定撮影でも縦撮りができ、撮影の幅が広がること間違いなし。

縦撮りをうまく使いこなし、GoProでの撮影をさらに楽しんでください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる