MENU
カテゴリー
ナシタカ
GoProブロガー
GoPro大好きな子育てパパ。日々の撮影&動画編集で家族の思い出を残すのがライフワーク。

【GoPro HERO9 Blackレビュー】待望の機能を搭載してさらに楽しめるカメラになりました!

ナシタカのアイコン画像ナシタカ

2020年9月16日に登場したGoPro HERO9 Blackについてレビューしています。スペックはもちろん、子どもの撮影にGoProを愛用する僕が気に入ったポイントを中心に紹介していきます。

どうも、GoPro大好きナシタカです。

2020年9月16日、ついにGoPro HERO9 Blackが発表されました。

HERO8 Blackからどんな進化を遂げてくるか楽しみにしていましたが、僕の想像を超えてめちゃくちゃ撮影が楽しめるモデルになっていたんですよ。

そんなHERO9 Blackがついに届きましたので、実際に使ってみての感想をレビューしていきます!

目次

GoPro HERO9 Blackのスペック

まずGoPro HERO9 Blackのスペックをまとめたのがこちら。様々なところで進化しているのがよくわかります。

GoProモデル 動画解像度 写真解像度 360°撮影 手ブレ補正 水平維持 スーパーフォト タイムワープ ナイトラプスビデオ RAW 100Mbpsビットレート 専用モジュラー バッテリー交換 GPS 前面スクリーン 防水性能 サイズ 重さ
HERO9 Black
5K30fps
1080p240fps
2000万画素 メディアモジュラー
ディスプレイモジュラー
ライトモジュラー
レンズモジュラー

1.4インチカラーLCD
10メートル 71.8 × 50.8 × 33.6mm 158g

スペックでいうと、ついに5K(5120×2880)の撮影ができるようになったのが素晴らしいですね。

4Kを超えるキレイさになったので、普通に撮影するだけでたのしめるようになっています。

GoPro HERO9 Blackのボディ

GoPro HERO9 Blackはサイズが71.8 × 50.8 × 33.6mmと、従来のモデルよりも少し大きめになりました。

HERO9 Blackを正面から撮影

HERO8 Blackと並べてみるとよくわかりますが、幅が5.5mmほど大きくなっています。

HERO9 BlackとHERO8 Blackを並べて幅を比較しているところ

高さは2.2mmとそれほどではないですが、奥行きは5.2mmの差が。

HERO9 BlackとHERO8 Blackを並べて奥行きを比較しているところ

レンズ部分がまた交換式に戻り、レンズモジュラーという新しいアクセサリーが登場しています。

HERO8 Blackではレンズ交換ができず、傷ついたらヤバいなと思っていたので、交換式に戻ってくれたのはとてもうれしいですね。

そして前面には1.4インチカラーディスプレイが搭載されました。これは後ほど詳しく紹介しますが、待ち望んだ機能が搭載され、GoProファンとしてめちゃうれしい。

HERO9 Blackのフロントディスプレイ

そして背面のタッチディスプレイが、2.27インチと少し大きくなって使いやすくなっています。

HERO9 Blackのタッチディスプレイ

HERO8 Blackと比べると大きくなっているのがよくわかり、映像の確認がしやくなっているのが最高です。

HERO9 BlackとHERO8 Blackを並べてタッチスクリーンの大きさを比較しているところ

そしてモードボタンの側の下に、排水口付きマイクがあります。マニュアルによると排水用でドアではないので、開けないようにとの記載が。

HERO9 Blackのモードボタンがついている側面

そしてさりげなくモードボタンが浮き出るようなデザインになっており、めちゃ押しやすくなっています。押し心地最高。

本体のサイズアップにより前面ディスプレイ搭載やタッチスクリーンの大きさアップなど、使いやすく改良されているのでかなりいいですね。

GoPro HERO9 Blackのおすすめポイント

GoPro HERO9 Blackで僕が気に入っているのが、こちらの3つです。

前面カラーディスプレイで映像が確認できる

ついにHERO9 Blackで前面にカラーディスプレイを搭載し、自撮りをするときに映像を確認できるようになりました。

HERO9 Blackの前面ディスプレイ

Osmo Actionや他のアクションカメラでは搭載しているモデルが多い中、GoProの不満として挙げられることが多かった部分なのですが、ついに克服されて自撮りがしやすくなりました。

特に他のアクションカメラとの違いとしては、前後のディスプレイが同時に利用できるところにあります。

他のカメラではボタン操作などで前後のディスプレイを切り替える必要があるので、どちらか1つのディスプレイしか使えません

後ろのディスプレイを使えば前のディスプレイは使えませんし、前のディスプレイを使えば後ろのディスプレイは使えない。

しかしHERO9 Blackなら同時に2つのディスプレイが使えるので、自撮りへ切り替えてもすぐに映像が確認できます

これなら子どもを撮影しつつ自分の映像を入れたいときも、カメラを向けてすぐに前面ディスプレイを確認しながら撮影ができますからね。

全面カラーディスプレイが常時表示されるので、バッテリー消費が増えてしまうことに注意。

前面ディスプレイは、こちらの4つの表示を使い分けられます。

  • フルスクリーン
  • 実際の画面
  • ステータスのみ
  • 画面オフ

実際の画面にすると、タッチスクリーンに表示される映像全体が映し出されます。

HERO9 Blackの前面のディスプレイを実施の画面に変更

実際の映像全体が確認できるので、アングルにこだわりたい方はこの設定がおすすめ。

ステータスのみにすると、撮影設定とメディアの数が表示されます。

HERO9 Blackの前面ディスプレイをステータスのみにしたところ

前面ディスプレイがいらないときは、この画面にしておけば大丈夫です。

自分の使い方に合わせて前面ディスプレイの設定を変えられるので、予想以上に使いやすい機能だなと思いました。

さかのぼって録画できる『ハインドサイト』

HERO9 Blackの新機能の1つですが、シャッターボタンを押した時点から最長30秒さかのぼって録画できる機能です。

HERO9 Blackのはハインドサイト機能

例えば僕は子どもが一輪車を練習しているときに「乗るから撮ってね」と言われましたが、最初は一発で乗れないので撮影してても失敗ばかりなんですよ。

失敗シーンばかりが増えてしまい、あとでデータを整理するときもファイルの数が多くて大変なんですよね。

それがハインドサイトを使えば、とりあえずカメラを向けておいて成功したらシャッターボタンを押すだけ。

たったこれだけで30秒分の映像を遡れるので、子どもの成功シーンを逃すことなく撮影できます

これは子どもの撮影がメインの僕にとってはまさに神機能。ずっと待ち望んでいたのでめちゃくちゃうれしいです。

ハインドサイト機能をオンにするとカメラ内部で常に録画している状態になるので、バッテリー消費が早まります。
使わないときは機能をオフにしておきましょう。

僕のおすすめは上の画像のように、ショートカットの右下にハインドサイト機能を追加すること。機能のオンオフが簡単にできるので、かなり使いやすくなります。

スケジュール&デュレーションキャプチャーでピンポイント撮影

HERO9 Blackではさらに撮影機能が強化されましたが、その中で便利なのがスケジュール&デュレーションキャプチャーです。

スケジュールキャプチャーは時間を指定してGoProを起動できる機能で、デュレーションキャプチャーは撮影時間を指定して撮影ができる機能です。

この2つを組み合わせると、タイムラプス撮影が劇的にやりやすくなります。

例えば日没を撮影したいときは、あらかじめ日没の1時間前に時間を指定して起動し、デュレーションキャプチャーで日没までの1時間を撮影するように指定しておきます。

すると日没の1時間前に起動したGoProは、自動で1時間だけ撮影して終わると電源が切れるように設定されているので、自分で操作する必要がまったくありません

その間買い物でも掃除でも何をしていようが自由で、すべてGoProが自動で撮影してくれるのです。想像しただけでめちゃくちゃ便利ですよね。

これはHERO8 Blackのときは、GoPro LabsというQRコードを利用した拡張機能だったんですが、プログラムのインストールが必要だったりと導入までがけっこう手間だったんですよ

それがHERO9 Blackからは標準機能として搭載され面倒な作業なしで使えるので、タイムラプス撮影がより気軽に楽しめるようになっています。

バッテリー容量が1720mAhにアップして持ちが良くなった

HERO9 Blackでは新機能の搭載に合わせ、バッテリー容量が1720mAhにアップしました。

HERO9 Blackのバッテリー

HERO8 Blackのバッテリー1220mAhと比較すると、500mAhが増えたのがよくわかる大きさの違い。

HERO9 BlackとHERO8 Blackのバッテリーを比較

リボン部分も青色になったので、HERO8 Blackからのバッテリーは使えなくなってしまいました。

HERO9 Blackのバッテリーの青いリボン

新しいバッテリーと充電器は買い替えが必須なので、ぜひ購入しておきましょう。

500mAh増えたことで、基本的な撮影時間が長くなったのがいいですね。ただ新機能のハインドサイトや前面ディスプレイを使うと、バッテリー消費が増えるのでそこだけ注意しておきましょう。



HERO9 Blackは公式サイトでの購入がめちゃくちゃ安い

気になる値段ですが、HERO9 Blackを買うなら公式サイトがめちゃくちゃ安いのでおすすめです。

値段をまとめたのがこちら。

公式サイト公式サイト以外
43,000円(サブスク1年間含む)64,000(サブスクなし)

公式サイトは1年間の有料サブスクも含まれているので、実質HERO9 Blackが37,000円で購入できます

これは今までのモデルからも考えても破格の値段なので、買うなら公式サイト一択で間違いありません。というか「大丈夫かGoPro!?」という心配になるレベルで安いです。

ただ公式サイトで買う注意点としてはこちらの2つがあります。

  • キャンセルができない
  • 届くまで時間がかかる

公式サイトはキャンセルが簡単にできず、カスタマーサポートに連絡する必要があるので正直めんどう

また海外からの発送になるので、到着まで時間がかかるのもマイナスポイント。

ただこのデメリットを考えても公式サイトの値段がめちゃくちゃ安いので、値段優先なら公式で買うのがおすすめ。僕は衝撃の値段に迷わず公式サイトで注文しました。

HERO9 Blackレビューまとめ

HERO9 Blackは撮影機能が大幅に強化され、本体だけで様々な撮影ができるようになりました。

特に常時使えるデュアルディスプレイが便利で、本体だけで自撮りがしづらかった問題を解決

他にもたくさんの撮影機能で普段の撮影がさらに楽しめるような進化を遂げており、僕は一目見て即購入を決めました。

従来モデルのバッテリーが使えないので、そこだけ追加で購入しないといけないのが辛いですが、それ以上に撮影が楽しめるので最高。

それくらいおすすめのGoProモデルに仕上がっているので、今からGoPro買うならHERO9 Blackはイチオシです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる