MENU
カテゴリー
ナシタカ
GoProブロガー
GoPro大好きな子育てパパ。日々の撮影&動画編集で家族の思い出を残すのがライフワーク。

M1 MacBook Air13インチで動画編集|After Effectsも使えるけど、重めの同時作業は要注意

この記事ではリンクに広告が含まれています。
M1 Macbook Air

どうも、Mac大好きナシタカです。

動画編集パソコンを選ぶときに大切なのはスペックですが、持ち運びも考えると大きさや軽さも大切です。

そうしたバランスを考えて僕が選んだのが、『M1 MacBook Air』。Apple初のMチップを搭載したノートパソコンです。

M1 Macbook Airの外観

13型のコンパクトなボディ&1.3kgの重さで、GoProの5.3K動画も快適に編集できるパフォーマンスが魅力

PremiereやAfter Effectsを使った動画編集はプレビューが快適にできますし、どこにでも持ち運んで作業ができる使いやすさを併せ持っています。

コスパも良いので素晴らしいノートパソコンなんですが、なんでもできるわけではありません。重めの作業の同時並行はけっこう厳しいですし、ゲームもやりにくいです。

そんなM1 MacBook Airのメリットとデメリットについてまとめてみました。

動画でまとめのがこちらです。

5.3K60fps
5.3K60fps複数
After Effects
総合評価
Apple(アップル)
¥112,365 (2024/05/21 21:22時点 | Amazon調べ)
目次

M1 MacBook Airのスペック

僕が購入したM1 MacBook Airのスペックがこちら。

モデル名 M1 MacBook Air
icon
OS macOS
CPU Apple M1チップ
(8コアCPU)
GPU 7コアGPU
メモリ 8GB
ストレージ 256GB
(SSD)
液晶 13.3インチ Retinaディスプレイ
(2560 x 1600)
端子 Thunderbolt3 × 2
バッテリー 18.0時間
大きさ 約304.1 × 212.4 × 16.1mm
重さ 1.29kg

ノートパソコンの選び方の基準で見たのがこちら。

モデル名 M1 MacBook Air
icon
CPU
Apple M1チップ
(8コアCPU)
GPU
7コアGPU
メモリ
16GB
ストレージ
256GB(SSD)
液晶
13.3インチ Retinaディスプレイ
(2560 x 1600)

13.3型ディスプレイ&1.3kgのコンパクトボディで、どこにでも持ち歩いて動画編集作業ができるマシン。

ただCPUとGPUがApple独自開発のチップを使っているため、この性能がどれほどなのかがポイントになります。

M1 MacBook Airのメリット

実際にM1 MacBook Airを使ってみて感じたメリットが、こちらです。

持ち運びやすいサイズ感

M1 MacBook Airの良いところが、その持ち運びやすいサイズ感。折り畳み時で約304.1 × 212.4 × 16.1mmと、A4ファイルとほぼ同じ大きさです。

M1 Macbook Airの外観

僕が愛用している、ノースフェイスのリュックにもすっぽりと収まり、かさばらないのが気に入っています。

重さも1.29kgと軽めなので、そこまで持ち運びが苦にならないのも良いですね。

M1 Macbook Airを片手で持ったところ

これならいつでもリュックに入れて持ち運べるので、思い立ったときにいつでも作業ができます。

After Effectsを使った動画編集も快適

動画編集性能についてですが、まず先に結論をまとめたのがこちらの表になります。

5.3K60fps
5.3K60fps複数
After Effects
総合評価

GoProで撮影した5.3K動画の編集をAdobe Premiere Proでしてみましたが、プレビューはしっかりと動き、スムーズに編集できました。

M1 Macbook AirでPremiereを開いたところ
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次