[e] Kickflip(キックフリップ)でMacを使うのが快適に!熱対策をしつつタイピングもしやすくなって最高!

キックフリップの画像

どうもApple大好きナシタカ(@ehicalog)です。

この記事ではMacの使い心地をワンランク上げてくれる素敵なアイテム、Kickflip(キックフリップ)について紹介しています。

Macは底面から排熱する構造になっているので、底面を浮かせることで排熱をサポートすることができます。

なので今までは本などに載せて角度をつけることで底面を無理やり浮かしていたのですが、それだと場所によってちょうどいい本がないとMacが使いにくかったりして大変なんですよ。

なにかいい方法はないかなと探していたところで見つけたのが、今回紹介するKickflip(キックフリップ)だったんです。

Kickflip(キックフリップ)があれば簡単にMacに角度をつけられて底面を浮かせられるだけでなく、タイピングのしやすさまで向上するとても素晴らしいアイテムです。

このKickflip(キックフリップ)のお陰で僕はさらにMacが大好きになったので、Macユーザーにはぜひおすすめのアイテム。その魅力やメリットについて紹介します。

スポンサーリンク

Kickflip(キックフリップ)とは?

Kickflip(キックフリップ)は2014年に発売され、MacBook Proの裏面に貼り付けて使うスタンドです。

パキッと折るとMacに角度がついて下部にスペースが生まれることで、「人口工学に基づいた角度調節」「背面にこもった熱を逃がすことができる」という機能的なアイテム。

欲しいなと思ってはいたのですが、使うまではあったら良いなぐらいのアイテムにしか思っていなかったので購入せずに放置。しかし今回奥さんからのクリスマスプレゼントとしてもらうことができたので、早速レビューしていきます。

Kickflip(キックフリップ)のフォトレビュー

まずはこちらがKickflip(キックフリップ)を正面から撮影した写真です。
キックフリップの外観

正面には「bluelounge」のロゴが入っています。そこまで目立たずに良い感じ。
キックフリップのロゴ

キックフリップのロゴを斜めから

吸着部分にはシートが貼ってあり、これを剥がしてからMacに貼り付けます。
キックフリップの吸着部分

Kickflip(キックフリップ)のメリット

ただ角度をつけるだけのアイテムと思いきやMacユーザーにはかなりのメリットがあります。

実際に僕が使ってみて感じたのは以下の3つです。

Macの熱対策ができる

まず1番のメリットは熱対策ですね。Macは底面から熱を逃がすような仕組みになっているのですが、普通に使っていると底面は台に接しているので熱がこもってしまいがち。

しかしこのKickflip(キックフリップ)を使うと角度が付くことで奥側の底面が浮きます。

こうしてスペースができることで放熱を促してくれるため、Macの温度が上がることを防いでくれる効果があるのです。

Macのヘビーユーザーであればファンが回りっぱなしで熱くなることも多いと思うので、そういう方には特におすすめ。

タイピングがしやすい

さらにMac自体に適度な角度が付くことでタイピングがかなり快適になります。

「人口工学に基づいた角度調節」を謳い文句にしているだけあって、Kickflip(キックフリップ)が無い場合と比べるとタイピングのしやすさが段違い。

感覚としてはとても楽に手が動くようなイメージ。ブログ執筆では以前よりも疲れにくくなった上にミスタイプも減ってきているので、それだけ自分の思った通りに負担無く動かせているんだなと感じています。

肩こり対策になる

そしてさらなるメリットが肩こり対策に効果的なこと。

ノートパソコンのデメリットはディスプレイ位置が目線よりも下になりやすいので、必然的に頭が下がってしまい肩こりになりやすいことです。

僕も国家資格を持った整体師として今まで何千人もの肩こりの人に出会いましたが、原因のほとんどは姿勢の悪さ。

特に普段からPCをよく使う人はこうした対策をするだけで肩こりの症状がだいぶ変わります。

僕はKickflip(キックフリップ)のお陰で今までと比べて目線が上がったので、首がとても楽になって疲れにくくなったなと実感しています。

ただ完璧に目線の高さまで上がるわけではないので、負担は少なからずあります。ただ何も対策しないのとでは雲泥の差が生まれるので身体へのケアとしてもおすすめ。

Kickflip(キックフリップ)の貼り付け

では実際にMacに貼り付けていきます。ちなみに僕の場合はMacにスキンシールを貼って木目調の雰囲気を味わえるようにカスタマイズしているので、この上から貼り付けて使う方向でやっていきます。

スキンシールをつけたMac スキンシールをつけたMacの裏面

僕の使っているスキンシールについては▼新しく買ったMacを保護するためにスキンシールを購入しましたの記事で詳しく紹介しています。

[e]新しく買ったMacを保護するためにスキンシールを購入しました

2017.04.03

実際に貼り付けてみたのがこちら。
スキンシールをつけたマックにキックフリップを装着
スキンシールをつけたマックにキックフリップを装着したところを斜めから

見たところは問題なく貼り付いているので、Kickflip(キックフリップ)を起こして角度を付けてみます。
キックフリップの角度をつけてみる

非常に良い感じですね。この角度が最高にカッコイイ。これならMacでもドヤリングできますね。やりませんけど。
キックフリップを装着したMacのカッコイイ角度

結果:スキンシールの上からでも安定します

僕が実際にステッカーシールの上から貼り付けてみた感じとしては、使用には全く問題ありませんでした。

スキンシールの上からでもちゃんと貼り付いてくれて、剥がれる様子もありません。しっかりと使えているので僕は安心して使えています。

ただスキンシールの素材や表面の感じで粘着力は変わると思うので注意してください。

またこれはあくまで僕が個人的に行っている方法で、Kickflip(キックフリップ)本来の使い方はMacの本体に直接貼り付けて使うものです。なのでもしスキンシールなどの上から貼り付けて使用する際は自己責任でお願いします

まとめ:Macユーザーにおすすめのアイテム

実際に利用してみて分かりましたが、Kickflip(キックフリップ)があるのと無いのとではMacの使い心地にかなりの差が生まれます

僕自身はタイピングのしやすさや首への負担が減ったのをかなり感じたので、今ではMac使うなら欠かせないアイテムになりました。

しかもこうしたメリットがある上にMacの熱がこもる問題も解決してくれるのですからまさに万能アイテム。

気になっている方も多いと思うのでぜひ使ってみて欲しいと思います!その便利さの虜になること間違いなし。

スポンサーリンク

この記事をかいた人

本業は整体師。大好きなGoProを始めとしたアクションカメラや動画編集、子育てなど、僕自身が体験した情報を発信しています!