MENU
カテゴリー
ナシタカ
GoProブロガー
GoPro大好きな子育てパパ。日々の撮影&動画編集で家族の思い出を残すのがライフワーク。

海やプールにおすすめのGoProアクセサリー|水辺での撮影を楽しもう

この記事ではリンクに広告が含まれています。
海やプールでおすすめのマウント

どうも、GoPro大好きナシタカです。

夏は海やプールに行く機会が増えますが、GoProは防水機能があるので海やプールでも気にすることなく撮影できます。

ただ水没や紛失のリスクが高くなるので、撮影には注意が必要。

そこでこの記事では海やプールにおすすめのGoProアクセサリーをまとめました。

目次

海やプールにおすすめのGoProアクセサリーの選び方

海を空から撮影

海やプールで使うアクセサリーを選ぶには、2つのポイントがあります。

各項目へジャンプ

水に沈まない

GoProとプール

GoProには浮力がなく、そのまま海で沈んでしまうと、見つけるのは不可能に…。

なので浮力のあるアクセサリーを活用し、GoProを沈まないようにするのが大切。

特に海でGoProを使うのであれば、浮力があるアクセサリー選びは外せません。

防水性能アップ

ダイビングしているところ

GoPro HERO5 BLACK以降から本体に10mの防水性能がつきましたが、それ以上に深く潜るときが問題です。

例えばダイビングでは余裕を持った防水性能にしておくと、万が一の故障リスクを減らせます

海やプールにおすすめのGoProアクセサリー

海やプールでGoProを使うときにおすすめのアクセサリーがこちら。

ザ・ハンドラー

ザ・ハンドラーグリップ部分がスポンジで、浮くようになっています

ザ・ハンドラーのグリップ

そのため海やプールで手を離しても、沈まずにに浮いてくれるので見つけやすくなります。

さらにグリップにはストラップがついており、手にかけておけば万が一離してしまっても安心。

ザ・ハンドラーのストラップを手首にかけたところ

握りやすいグリップで撮影がしやすいですが、長さ調節ができないので自撮りはしづらいです。

ただ海では沈むリスクを無くせるので、万が一のためにも持っておきたい自撮り棒。

バイトマウント

口に咥えて両手をフリーにして撮影ができ、海やプールでもジャマになりません。

バイトマウント

オレンジ色のフローティーを取り付けると、GoProが浮くようになります。しかも目立つカラーで見つけやすいので安心。

フローティー

撮影では口に咥えてのPOV撮影が簡単にでき、泳いでいるところを自分視点で撮影できます。

バイトマウント自体にクイックリリースが着いており、例えばサーフボードに貼り付けた粘着マウントに固定することも。

バイトマウントのクイックリリース

くわえて良し、固定して良しの意外に使いやすいアクセサリー。海での撮影に役立ちます。

ドームポート

GoProをドームのように覆うアクセサリー。水面の境界線をハッキリさせた映像が撮影できます。

Dome for GoProさん(@dome.cam)がシェアした投稿

GoProだけだとこのような境界線がハッキリとした写真は撮れないので、一度は撮影してみたいアクセサリー。

プールでも活用でき、子どもの泳いでいるところを撮りたいなと思ってます。

防水ハウジングケース

60mという圧倒的な防水性能になり、安心して水中で撮影できます。

特にダイビングのように深く潜るときは、余裕を持った防水性能にしておくと万が一の事故を防げます。

ただケースで密閉されるので、マイクの感度は全く期待できません。音声よりも映像を重視したい方におすすめです。

FiTSTILL
¥2,390 (2024/05/23 05:20時点 | Amazon調べ)

海やプールでおすすめのアクセサリーまとめ

GoProの故障や紛失のリスクを減らすためにも、シーンに合わせたアクセサリー選びが大切です。

特に海に沈んでしまうとGoProが見つけられなくなるので、浮力のあるアクセサリー選びはとても重要。

またドームポートのように独特のおもしろい映像が撮影できるアクセサリーもあるので、ぜひ活用して夏の思い出を残しましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次