MENU
カテゴリー
ナシタカ
GoProブロガー
GoPro大好きな子育てパパ。日々の撮影&動画編集で家族の思い出を残すのがライフワーク。

【レビュー】GoPro HERO10|5.3K60fps&4K120fps対応で子どもの撮影がさらにしやすくなりました

どうも、GoPro大好きナシタカです。

2021年9月16日、ついにGoPro HERO10が登場しました。待ち望んでいた最新機種の登場にめちゃくちゃワクワクしましたよ。

GoPro HERO10

新しいGP2チップを搭載していたり、最高解像度5.3K60fpsでの撮影ができるなど、前モデルのHERO9から着実に進化を遂げています。

それ以外にもバッテリーの持ちが良くなっていたりと、地味に進化しているポイントがありますからね。

そこでこの記事ではHERO10の進化ポイントをまとめつつ、僕が注目しているポイントについてレビューしていきます。

これからGoProを買おうと思っている方や、HERO9からの乗り換えを検討されている方はぜひ参考にしてください!

目次

GoPro HERO10の外観

GoPro HERO10の本体は71.8 × 50.8 × 33.6mmとなっており、HERO9と全く同じ大きさとなっています。

GoPro HERO10とHERO9を並べたところ
左がHERO10、右がHERO9

違いとしては、前面と側面のロゴ部分が青文字になった程度。それ以外は全く同じと言っても過言ではありません。

GoPro HERO10とHERO9を並べたところ
GoPro HERO10とHERO9を並べたところ
GoPro HERO10とHERO9を並べたところ

あとはボディの仕上げが少しザラッとした感じになったくらいですかね。ただ触り心地を比べてみて初めて分かる程度の違いです。

GoPro HERO10とHERO9を並べたところ

重さはHERO9から5gほど軽くなった153g。ほとんど変わりませんが、若干の軽量化となっています。

そしてレンズ部分は水滴がつきにくくなっており、水中で使ったあとも撮影がそのままスムーズにできるようになっています。

GoPro HERO10

これは夏にプールや海で撮影する機会が多い僕にとっては、とてもありがたい機能。また水鉄砲で遊んでいるときにも役立つので、夏場の強い味方になりそうです。

GoPro HERO10のスペック

GoPro HERO10のスペックをHERO9と比較したのがこちらです。

モデル HERO10 Black
HERO9 Black
チップ GP2 GP1
動画解像度 5.3K60fps
2.7K240fps
5K30fps
1080p240fps
写真解像度 2300万画素 2000万画素
360°撮影
手ブレ補正 HyperSmooth4.0 HyperSmooth3.0
水平維持
カメラ内蔵

カメラ内蔵
スーパーフォト
タイムワープ TimeWarp 3.0 TimeWarp 2.0
ナイトラプスビデオ
RAW
100Mbpsビットレート 5.3K/4K/2.7K 5K/4K/2.7K
専用モジュラー メディアモジュラー
ディスプレイモジュラー
ライトモジュラー
レンズモジュラー
メディアモジュラー
ディスプレイモジュラー
ライトモジュラー
レンズモジュラー
バッテリー交換
GPS
前面スクリーン 1.4インチカラーLCD 1.4インチカラーLCD
防水性能 10m 10m
サイズ 71.8 × 50.8 × 33.6mm 71.8 × 50.8 × 33.6mm
重さ 153g 158g

特に進化したポイントを挙げたのがこちら。

  • GP2チップを搭載
  • 5.3k60fps、4K120fps、2.7K240fpsに対応
  • 写真は2,300万画素
  • HyperSmooth4.0で手ブレ補正がさらに進化
  • 低光量での撮影性能アップ
  • レンズに水滴がつきにくい

HERO10では内部機能の進化がメインとなっているのがわかりますね。特に撮影機能が強化されており、GoProだけで撮影できるシーンが幅広くなっていってますね。

GoPro HERO10の注目ポイント

いろいろな部分で進化を遂げたGoProですが、僕が特に注目したのがこちらの4つです。

GP2チップで動作がスマホのようにスムーズ

GoPro HERO10はGP2チップに進化し、様々な動作が快適になりました。まとめるとこんな感じです。

  1. タッチ動作がスマホのように快適
  2. フロントスクリーンの動きが滑らか
  3. バッテリーの持ちが良くなった
  4. クイックキャプチャーの動作が早い

まず1つ目はタッチパネルの感度。動作がスマホのように快適になったのが一番の変化ですね。

タッチ感度が良くなり動きもヌルヌル、撮影設定を変えるときもスムーズに。感覚としてはiPhoneを操作しているように動いてくれます。

ナシタカ

このあとにHERO9を操作したら、あまりの遅さにストレスが…。

それくらい操作性が変わっており、これだけのためにHERO9から乗り換えるのもアリだなと思うくらいにスムーズです。

おかげで子どもの撮影でも、撮影設定のプリセット切り替えが素早くできるようになったので、さらに撮影しやすくなっています。

2つ目はフロントスクリーンの動作。滑らかに動くようになり、実際の撮影に近い感覚で映像が確認できるようになりました。

特に5.3K60fpsの最高解像度でも、ほとんどカクカクせずに滑らかに動いてくれるのには驚きです。

ナシタカ

HERO9は5Kだとカクカクしてましたからね…。

子ども自分の姿を確認しながらカメラの前で動いてくれるので、動きが滑らかになってくれて子どもも喜んでいます。

自撮りでのカクカクストレスが無くなったので、チップの進化は最高ですね。

3つ目がバッテリーの持ち。撮影していて気づいたのですが、バッテリーの持ちも少し良くなっています

ナシタカ

1日撮影していても、まだバッテリーが20%ほど残ってくれているのはありがたい!

恐らくですが、チップの進化でうまくバッテリー消費を抑えられているのでは?と思います。バッテリーはGoProの弱点の1つでもあるので、ここが改善されるのは素晴らしいです。

そして4つ目がクイックキャプチャーの動作。電源のオンオフが早くなり、今まで以上にタイミングを逃さずに撮影ができるようになりました。

ナシタカ

HERO9と比べると2秒早く撮影が開始されます!

子どものシャッターチャンスを狙うときに重宝する機能なので、ここの動作がパワーアップするのはとても助かります。

5.3k60fpsと4K120fpsに対応

HERO10では動画性能もパワーアップして最高解像度は5.3K&60fpsまで対応し、フレームレートが向上して滑らかな動画にも対応しました。

30fpsと比べると滑らかさが段違いで、特に速い動きを撮影するときに違いがよくわかります。30fpsだと少し残像が残るような感じが、60fpsだとくっきりと動きが分かる感じ。

ナシタカ

60fpsの

特に5.3Kが素晴らしいのが、写真の切り出しも高解像度でできるところ。スマホアプリのQuikを使えば、1960万画素という大きさで画像を切り出せますからね。

ナシタカ

動画+写真を同時に撮影できるので、手間が省けて最高に便利!

そして4Kは120fpsに対応し、なんと4倍スローが実現しました。今までのモデルだと2.7Kでないと撮影できなかったのに、ついに4Kという高画質で撮影できるようになるとは。

4Kの解像度ならスポーツなどの動きの早い撮影もカバーできますからね。僕も動き回る子どもを撮影するのに、とても重宝しています。基本は5.3K60fpsで、もう少しスローを織り交ぜたいなら4K120fpsで使い分けるのがおすすめです。

2.7K240fpsでスローモーションがさらに進化

僕が一番驚いたのがここ。2.7Kではなんと240fpsに対応し、8倍スローが可能になりました。

ナシタカ

まさか2.7Kでスーパースローが楽しめるとは…!

今までのGoProでは1080pでしか撮影できなかったので、2.7Kで対応したのは予想外でした。1080pだとどうしても細かい部分が荒い感じでしたが、2.7Kだと細かい部分もキレイな仕上がりに。

これでスーパースローでも最高解像度との差が少なくなり、よりキレイな画質で撮影できるようになったのは単純にうれしいです。

僕は子どもが縄跳びをしているところを撮影するのに重宝しています。特に2重跳びの練習で足の上がり具合をチェックするのが簡単で、もう手放せません。

アクセサリーはHERO9と共通

GoPro HERO10はHERO9と本体サイズが変わっていないので、バッテリーはもちろんモジュラーもそのまま流用して使えます。わざわざ買い直す手間がないので、とてもありがたい。

こちらが実際にメディアモジュラーを装着してみたところです。

HERO10にメディアモジュラーを装着したところ
ナシタカ

HERO8 → HERO9はアクセサリー買い直しだったので、出費が大変だった…。

特にテレビへの接続に不可欠なメディアモジュラーがそのまま使えるので、HERO9ユーザーにとっては出費が抑えられて乗り換えしやすいです。

HERO10にメディアモジュラーを装着したところ
ナシタカ

今後も本体サイズは統一してもらえるとありがたい!

GoPro HERO10レビューまとめ

GoPro HERO10は新しいGP2チップを搭載したことで、撮影機能だけでなく操作性も大きく向上しました。スマホのような操作感でストレスなく操作できるので、撮影設定の変更などがスムーズに。

これなら5K60fpsの最高解像度だけでなく、4K120fpsや2.7K240fpsなどのスローモーションなど、様々な撮影がすぐに切り替えられるので、撮影が捗ること間違いなしです。

僕も実際に子ども撮影で撮影設定の切り替えがスムーズになったので、最高解像度での撮影からスーパスローまで幅広く楽しめています。

特にHERO9とは比べものにならないくらいに快適な操作性で、これだけでHERO10を購入して良かったなと心から思えるレベル。それくらいに使い心地が大きく変わっています。

キレイな映像を撮影したい!スローモーションを楽しみたい!そういった方には、ピッタリなモデルです。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる