GoPro

【GoPro】HERO8とHERO7 Blackを比較レビュー!その違いと進化したポイントとは?

GoPro HERO8 Black
ナシタカ
ナシタカ
GoPro HERO8とHERO7 Blackの違いについてまとめています。どういったところが変わっているのか?HERO7 Blackとの違いは?などの疑問についてわかりやすくお伝えします!

どうもGoPro大好きナシタカ(@ehicalog)です。

GoProから新しく登場した最新モデル、HERO8。その機能はまさに圧巻で、前モデルのHERO7 Blackから想像以上にパワーアップしています。

こちらがGoProが公開している公式動画ですが、これを見るだけでワクワクしてしまいます。GoProでこんな映像が撮影できるのか!と興奮するレベル。

実際に撮影で使ってみましたが撮影機能が進化してとても楽しく、時間を忘れて没頭してしまうくらい。GoProの撮影が最高に楽しくて、使っているだけでワクワクしている自分がいます。

ナシタカ
ナシタカ
HERO8は最高のモデルと言っても過言ではありません!

そこでこの記事ではHERO5 BlackからGoProを愛用している僕が、HERO8とHERO7 Blackの比較レビューをしていきます。

これを読めば、

  • GoPro HERO8ってどんなカメラ?
  • HERO7 Blackとどう違うの?

といった疑問が解決します。

子どもを撮影するためのカメラとして、僕なりの目線でポイントをまとめているので、ぜひ読んでみてください!

GoPro HERO8とHERO7 Black比較表

まずGoPro HERO8とHERO7 Blackの違いについてですが、まとめたのがこちらの比較表になります。

GoProモデル動画写真360°手ブレ補正スーパーフォトタイムワープナイトラプスビデオRAWバッテリー交換サイズ重さ
HERO8
4K60fps
1080p240fps
12万画素66.3 × 48.6 × 28.4mm126g
HERO7 Black
4K60fps
1080p240fps
12万画素62.3 × 44.9 × 33mm116g

新しく機能が追加されただけでなく、元からある機能が強化されていたりとパワーアップしています。HERO8では今までにない変化を遂げていて、GoProの新たな歴史を生み出そうという心意気を感じますね。

GoPro HERO8とHERO7 Blackの外観を比較レビュー

まず両者の外観から見ていくと、GoPro HERO8は、HERO7 Blackから外観が大きく変わったのがわかります。

GoPro HERO8 Black

HERO8の本体サイズは、HERO7 Blackよりも縦と横が少し大きめのサイズになっています。

GoPro HERO8 BlackとHERO7 Blackの大きさを比較
HERO8のサイズ66.3 × 48.6 × 28.4mm
HERO7 Blackのサイズ62.3 × 44.9 × 33mm

奥行きが約5mmほど薄くなっていますが、これはHERO8ではレンズカバーがなくなり、本体と一体化されたデザインとなったため。

GoPro HERO8 BlackとHERO7 Blackのレンズ部分の厚み

レンズカバーが無くなったことで、ハウジングにケースを使うときのカバーを取り外す手間がなくなったのは進化ポイントですね。

HERO8のレンズ部分をアップで

フレームが要らなくなったHERO8は、フレームをつけたHERO7 Blackよりもコンパクトになっています。

GoPro HERO8 BlackとHERO7 Blackの大きさをフレームありで比較

つまり、結果的にはサイズダウンに成功しているというわけ。

ナシタカ
ナシタカ
フレームがなくなっただけですが、それだけで実際に使ったときに「コンパクトになったな〜」と実感しました!

実際に使ってみるとわかりますが、フレームがなくなっただけでコンパクトに感じることに驚きました。手で持ってみても大きさが違うのがよく分かるので、GoPro HERO8はコンパクトで扱いやすく進化したのは最高です。

GoPro HERO8 BlackとHERO7 Black

このフレームレスを実現しているのがHERO8本体のビルドインマウントで、使わないときは本体の底面に折りたたんでおくことができます。

HERO8本体の底にあるビルドインマウント

ビルドインマウントで本体に直接マウントできるため、フレームなしで自撮り棒などのアクセサリーに取り付けが可能

GoPro HERO8 Blackのビルドインフレーム

ちなみに目立ちませんが、この奥にスピーカーがあります。本体で動画を再生すると、ここから音が出てくるというわけですね。

GoPro HERO8 Blackのビルドインマウントの奥にあるスピーカー

HERO8からモードボタンが本体左側に変わっていて、HERO7 Blackから操作性が大きく変わっています。

GoPro HERO8 Blackの側面
ナシタカ
ナシタカ
HERO7 Blackまでずっと右側にあったボタンなので、最初は慣れませんでした…。

そしてHERO7 Blackまであったサイドドアとバッテリードアが、HERO8では右側面に統一されました。

GoPro HERO8 Black右側面のドア

下にあるドアラッチを下に押し下げると、このように赤いラインが見えます。

HERO8のドアラッチを開けたときの赤い線

これでロックが外れた状態になり、上にドアが開きます。

GoPro HERO8 Blackのバッテリードア

ここにバッテリースロットとmicroSDカードスロットを入れます。

HERO8のmicroSDカードとバッテリーの挿入口

下にはUSB-Cポートがあり、ここにケーブルを接続します。

GoPro HERO8本体のUSB-Cポート

GoPro HERO8からバッテリーデザインが変わり、接触部が青色になっています。

GoProの新しいバッテリー

大きさは以前のバッテリーと全く同じで、違うのは色だけ。

GoProの新旧バッテリーを並べたところ

HERO7 Blackまでのバッテリーも普通に使えますが、HERO8に入れるとこのようなメッセージが表示されます。

HERO8 Blackに古いバッテリーを入れたときのメッセージ
ナシタカ
ナシタカ
『古いバッテリーだと全部の機能は使えないよ』ってことですね!

ただこれでいろいろと撮影してみたのですが、ハイパースムーズもタイムワープも普通に撮影できて、どの機能が使えないのか分かりませんでした。また使ってみてわかったことがあったら、こちらに追記していきますね。

本体前面はステータススクリーンがあり、レンズ下に新たにマイクが追加されました。

HERO8の前面モニター

こうしてみるとHERO8は、HERO7 Blackから外観が大きく変わっているのがよくわかりますね。

ただ手のひらサイズの高性能カメラというGoProの特徴は変わってませんし、より進化しているのでさらに使いやすくなっているのには感動するレベルです。

GoPro HERO8とHERO7 Blackの機能を比較レビュー

ここからはさらにHERO8の撮影機能を、HERO7 Blackと比較してその違いについてみていきましょう。

プリセット&ショートカットで撮影設定の変更がかなりスムーズ

まず大きく変わったのが、プリセット&ショートカット機能が追加されたことです。

HERO8のプリセット画面

HERO8ではよく使う撮影設定を、あらかじめプリセットとして登録することができて、さらにそれぞれの撮影モードで設定ができます。

例えば、こちらがタイムラプスモードでのプリセット画面です。

GoPro HERO8 Blackのタイムラプスモードのプリセット画面

プリセットを活用すれば撮影設定の変更がワンタップでできるので、短時間で切り替えができるようになりました。

ナシタカ
ナシタカ
このプリセット機能が最高に便利です!

HERO7 Blackまではこの切替でのタップ操作が多くて、変更に時間がかかっていてかなり使い勝手が悪かったんですよ。実際の操作手順を撮影したのがこちらで、4K60fpsの設定から1080p240fpsへの変更の流れになります。

HERO7 Blackでの撮影設定の変更の流れ

HERO7 Blackでは撮影設定の変更に大体12秒くらいかかっていて、タップで細かく設定を変更しないといけません。

ナシタカ
ナシタカ
正直めんどうだなと思っていました

それがHERO8では、このようになっています。

HERO8 Blackでの撮影設定の変更の流れ
ナシタカ
ナシタカ
約3秒で撮影設定が変更できました!

プリセット機能のおかげで撮影設定の変更がかなりスムーズになったので、撮影でのストレスが大きく減っています。

ナシタカ
ナシタカ
僕は子どもの撮影で設定変更をよくするので、この機能は本当にありがたい!

僕のように設定変更をこまめにして撮影したい人にとっては、神機能といえるほどに便利ですよ。

またショートカット機能は、画面上に4つのボタンを配置して設定変更をスムーズにできる機能

HERO8の画面に配置されたショートカットアイコン

例えばビデオの場合は、あらかじめこちらの4つのボタンが配置されています。

  • 左上:スローモーション
  • 左下:デジタルレンズ
  • 右上:ハイパースムーズ
  • 右下:ズーム

左上のスローモーションボタンをタップすると、スローモーション撮影ができる60fpsや120fpsに変更が可能。

GoPro HERO8 Blackでビデオモードでのショートカットボタン

左下のデジタルレンズボタンを押すと、広角やリニア、狭角とアングルをスムーズに変更できます。

GoPro HERO8 Blackでのショートカットボタン

ここに配置するボタンは自分好みにカスタマイズできて、各プリセットごとに変えることもできます。

GoPro HERO8 Blackでのショートカットボタンのカスタマイズ画面

つまりあらかじめ自分がよく使う設定を配置しておけば、スムーズに設定を変えられて撮影がさらに快適に。

ナシタカ
ナシタカ
撮影の手間がかなり減って、まさに神機能!

例えばISO設定を置いておけば、ノイズを見ながら細かく数値を変えられるというわけですね。

撮影シーンに合わせてあらかじめプリセットとショートカットを設定しておけば、いざ撮影のときに設定をスムーズに変更できるので、ありとあらゆる撮影ができますよ

ビルドインマウントでフレームが不要&操作性が格段にアップ

外観のところでも紹介しましたが、HERO8はビルドインマウントのおかげでフレームが要らなくなりました

GoPro HERO8 Blackのビルドインフレーム

フレームが不要で余計なアクセサリーが減りますし、サイドドアがそのまま開けられて、バッテリー交換がスムーズにできるようになっています

HERO8のサイドドアを開けたところ

HERO7 Blackまではフレームを取り外す必要があったので、バッテリー交換が手間だったのですが実際の手順がこちら。

HERO7 Blackのバッテリーの交換手順

約14秒ほどの時間ですがフレームから取り外すのがとても面倒で、また再度フレームに取り付けることを考えるとかなりの手間ですよね。それがHERO8ではこのようになっています。

HERO8 Blackのバッテリー交換の流れ
ナシタカ
ナシタカ
約5秒でとてもスムーズに交換ができます!

フレームがないので簡単に交換ができて、そのままドアを閉めて撮影を再開できるのでかなり便利。HERO8では自撮り棒をつけたままスムーズにバッテリー交換ができるので、撮影の合間に素早く交換できてバッテリーの心配が減りました

ナシタカ
ナシタカ
アクセサリーをつけたままバッテリーが交換できるなんて夢のようです!

子どもの撮影で長時間撮影する僕にとっては、スムーズにバッテリー交換ができるのを待ち望んでいたので最高です。

マイク位置が変更になって音質が大きく改善

外観のところでも書きましたが、本体前面にマイクが追加されました。

GoPro HERO8 Black前面のマイク

前面マイクのおかげで音声がよりクリアになり、HERO7 Blackと比べると子どもの声がキレイに録音されていて、少し離れたところからの声も聞き取りやすい

ナシタカ
ナシタカ
後から見返して、「こんなこと言ってたんだw」と新たな発見もありました!

ちなみにマイクは全部で3つあり、まず本体の底面に1つ。

HERO8本体底面のマイク

さらに本体左側のモードのボタンの近くに1つあります。

GoPro HERO8 Black左側面のマイク

ただ前面にマイクがあるだけで、こんなにも音質が変わるのかと驚きましたね。

おかげで子どもの声がクリアに入るようになったので、見返したときの喜びが半端ないです。子どもの撮影がさらにしやすくなって最高の進化ですね。

またHERO8では別売の専用モジュラーを使うと、さらに音声がクリアに録音できるようになります。

それがこちらのメディアモジュラー。

GoProメディアモジュラーにHERO8を装着するところ

内蔵指向性マイクを搭載していて、子どもの声がより大きく&クリアに録音できる優れもの

GoProメディアモジュラーの内蔵指向性マイク

これを使うとHERO7 Blackとは比べものにならないほどに音声が変わるので、音質を重視するならHERO8がおすすめです。

▼GoProメディアモジュラーレビューはこちら

GoProメディアモジュール
【GoProメディアモジュラーレビュー】子どもの声がよりクリアに撮影できる高性能マイク搭載この記事ではGoProメディアモジュールを実際に使ってみた様子をレビューしています。どんな特徴があるのか?メディアモジュールを使うとどうなるのか?についてまとめています!...

手ブレ補正は着実に進化

手ブレ補正についてはHERO7 Blackもかなり強力ですが、HERO8では着実な進化を遂げています。

HERO8のハイパースムーズ設定画面

実際に比較してみたのがこちらの動画で、まずはハイパースムーズの比較。

両手にGoProを持ちながらの撮影だったので、普通に撮影するよりは手ブレが出やすい状況になっていますが、HERO7 Blackに比べてハイパースムーズ2.0に関しては「ちょっと良くなったかな」といった感じ。

ただ差をものすごく感じたのが、「ブースト」をオンにしての撮影です。

GoPro HERO8でブースト機能をオンにしたところ

これはハイパースムーズよりも、さらに映像の外側を20%ほど切り取って手ブレ補正をかける機能で、アングルが狭まりますがさらに安定した映像に仕上げることができます。

実際に2.7Kで比較撮影したのがこちら。

ナシタカ
ナシタカ
HERO8の手ブレがまったくないのがよく分かります!

このようにブーストを使えば想像以上に安定した映像に仕上げることができるので、パソコンでの手ブレ補正が必要なくなります

ナシタカ
ナシタカ
手ブレ補正もここまで進化したかと驚いてしまいますね!

これなら子どもを追いかけながらの撮影もしやすくて、手ブレの心配もないので安心して撮影できます。

タイムワープの自動速度調整とリアルタイムがおもしろい

タイムワープでは自動速度調整機能がついて、撮影がもっと楽しくなっています

HERO8でのタイムワープ画面

自動にしておけばGoProが良い感じに仕上げてくれますし、さらにタイムワープの撮影中にボタンをタップで、リアルタイムでの撮影ができるようになりました。

GoPro HERO8 Blackのタイムワープ中のリアルタイム撮影

実際に撮影したのがこちらです。

シーンに合わせてリアルタイムで撮影すれば、いろいろな表現ができて撮影がかなり楽しいです。

ナシタカ
ナシタカ
リアルタイム撮影の発想はとても画期的でおもしろすぎる!

これを活用すればパソコンでの編集をしなくても、スローモーションになったかのような撮影ができるので、アイディア次第ではとても楽しめますね。

リアルタイムでの撮影はできますが、音声は入らないので注意しましょう。

あくまでもタイムワープの一部で、音声はありません。これがビデオとの大きな違いになるので、注意しましょう。

タイムラプスは広角以外での撮影が可能に

タイムラプス撮影では今まで4Kの解像度は広角のみでしたが、GoPro HERO8ではリニアでの撮影も可能になっています。

実際に撮影したのがこちら。

広角ではないので、あたかもGoProで撮影していないような感じに仕上がります。広角映像がGoProの魅力ではあるのですが、こうした別のアングルでの撮影もできるとより楽しさが広がって最高ですね。

スーパーフォトは対応アングルが増えた

スーパーフォトは本体の処理能力がアップしていて、性能としてはHERO7 Blackよりも上がっています。

GoPro HERO8 Blackのスーパーフォト設定

曇り空の中での撮影ですが、実際に比較してみました。まずはHERO7 Blackのもの。

HERO7 Blackで撮影したスーパーフォト

こちらがHERO8です。

GoPro HERO8 Blackで撮影したスーパーフォト

続いてHERO7 Black。

HERO7 Blackで撮影したスーパーフォト

そしてHERO8。

HERO8 Blackで撮影したスーパーフォト
ナシタカ
ナシタカ
ただ実際に使ってみると、「少しキレイかな?」というレベルで大きな違いは感じませんでした。

それよりも、スーパーフォトに対応したFOV(視野角)が増えたのがポイント。HERO8では広角とリニアに加えて、狭角でのスーパーフォト撮影ができます。

GoPro HERO8 Blackのスーパーフォトでの狭角設定

超広角の広い撮影範囲が特徴のGoProですが、視野角を変えるとまた違った写真が撮影できます。

GoPro HERO8のデジタルレンズ設定
ナシタカ
ナシタカ
様々な写真撮影が楽しめるのが、HERO8の特徴です!

写真撮影の機能もしっかり進化していて、GoProでInstagramにピッタリの映え写真が撮影できます。

ナイトラプスビデオで夜の撮影がもっと楽しくなった

これが僕の中で衝撃を受けた進化だったんですが、HERO8からついにナイトラプスビデオ機能が搭載されました

HERO8でのナイトラプスの設定画面

ナイトラプスで街中を撮影すると、下の動画のように光の中を突き進むような映像が撮影できます。

HERO7 Blackまではナイトラプスは写真でしか撮影できず、動画にするにはパソコンのソフトで編集しなければいけなかったんですよね

ナシタカ
ナシタカ
パソコンでの編集が必須なので、気軽に楽しめないのが残念な機能でした…。

しかしHERO8では本体だけでナイトラプスのビデオが撮影できて、そのまま映像を楽しめるようになっています

GoPro HERO8 Blackでのナイトラプスビデオのプリセット

プリセットに登録しておけば、すぐに設定を呼び出して撮影ができるので、もっと気軽にナイトラプス撮影を楽しむことができるのは最高ですね。

メディアモジュラーがないとテレビへの出力ができない

GoPro HERO8では本体だけでテレビへの出力ができなくなっており、理由はマイクロHDMIポートが本体からなくなったため

ナシタカ
ナシタカ
HERO8にはUSB-Cポートしかありません…。

HERO8でテレビに出力するには、こちらの『メディアモジュラー』が必須になります。

GoProメディアモジュラー

メディアモジュラーの背面にこのようにマイクロHDMIポートがあるので、これを利用しないとテレビとの接続ができません。

GoProメディアモジュラーのポートを近くで
ナシタカ
ナシタカ
テレビへの出力をよくしている僕にとっては、とても残念な仕様変更となりました…

ただメディアモジュールがあれば出力はできますし、指向性マイクで動画の音質もかなり改善されるのでおすすめです。

ナシタカ
ナシタカ
大画面で観るGoProの映像のキレイさは最高なので、テレビとの接続は欠かせません!

▼GoProメディアモジュラーレビューはこちら

GoProメディアモジュール
【GoProメディアモジュラーレビュー】子どもの声がよりクリアに撮影できる高性能マイク搭載この記事ではGoProメディアモジュールを実際に使ってみた様子をレビューしています。どんな特徴があるのか?メディアモジュールを使うとどうなるのか?についてまとめています!...

フレームレス&レンズカバーがなくなって交換ができない

HERO8はレンズカバーがなくなったので、もしレンズ傷ついてしまったときは交換ができません。特にフレームがなくなったことでボディがより傷つきやすい状態なので、レンズが傷つく可能性も高くなっています。

僕は先日HERO8を落としてしまったことがあったのですが、そのときにちょうどレンズ部分が地面に当たってしまったんですよ。ガラスフィルムをつけていたのでなんとか大丈夫でしたが、周りのカバー部分に少し傷がついてしまいました…。

レンズが一体化されていて交換ができないので、より慎重に扱わないといけないなと実感しました。

フレームレスとカバーの一体化でスリムになったHERO8ですが、こうしたデメリットがあることは覚えておきましょう。

GoPro HERO8とHERO7 Blackの比較レビューまとめ

ここまでGoPro HERO8とHERO7 Blackとの違いとして、外観や機能を比較しつつ書いてきました。

GoPro HERO8はHERO7 Blackからは外観や機能が大きく変わっていて、今までのGoProからはイメージがだいぶ変わっています。

新しい撮影機能だけでなく既存の撮影機能もパワーアップしていて、GoProの楽しさがさらに倍増していて最高

特に子どもの撮影で愛用する僕にとっては、GoProでさらに子どもとの思い出をいろいろな撮影で残しておけるのはありがたい。

手ブレ補正だけでなく、タイムワープやスーパーフォトでさまざまな撮影に対応できるのは、家族での旅行では使いやすくて重宝していますからね。

HERO8は間違いなくおすすめのGoProなので、ぜひチェックしてください。

どうも、ナシタカ(@ehicalog)でした。

もう一度、比較表を置いておくので参考にしてくださいね。

GoProモデル動画写真360°手ブレ補正スーパーフォトタイムワープナイトラプスビデオRAWバッテリー交換サイズ重さ
HERO8
4K60fps
1080p240fps
12万画素66.3 × 48.6 × 28.4mm126g
HERO7 Black
4K60fps
1080p240fps
12万画素62.3 × 44.9 × 33mm116g
HERO8 Blackをお得にゲット!

GoPro公式サイトでついにGoPro HERO8 Blackが登場しました!

HERO7 Blackからはるかに進化していて、さらにアクセサリーも充実していてまさに最高のGoProと言っても過言ではありません。

ナシタカ
ナシタカ
最新のHERO8 BlackがGoPro公式サイトなら最安値で買えます!

しかも今ならマイクロSDカード32GBが無料でもらえるキャンペーンを実施中なので、買うなら今がチャンスです!

公式サイトでGoPro HERO8 Blackを買う

ABOUT ME
ナシタカ
30代の子育てパパ。生活を豊かにするために自分がやってみたライフハックを紹介していきます。人生をより豊かに、楽しく!がモットー。