GoPro

GoPro HERO8 Blackがついに登場|機能やスペックについてまとめました!

GoPro HERO8 Black

どうもGoPro大好きナシタカ(@ehicalog)です。

ついに待ちに待ったGoPro HERO8 Blackが登場しました。

GoPro HERO8 Black

GoPro公式サイトでは予約注文を受け付けていて、YouTubeでは魅力なプロモーション動画が出て購買意欲を焚きつけてくれています。

ナシタカ
ナシタカ
僕は発表と同時に秒で購入しました!

そんなGoPro大好きな僕が、GoPro HERO8 Blackの機能とスペック、進化したポイントを独自の目線で解説していきます。

GoPro HERO8 Blackについて知りたい方は、ぜひ参考にしてください!

GoPro HERO8 Blackが登場

ついにGoPro公式サイトGoPro HERO8 Blackが発表されました。

GoPro HERO8 Black

価格は50,800円と予想よりも抑えめでしたが、事前にリークのあったアクセサリーが別売りだったのでこれなら納得ですね。

前回のHERO7シリーズのときと違って、Blackの最上位モデルのみの登場となっていますが、想像以上にパワーアップしています

ナシタカ
ナシタカ
特に撮影機能が着実に進化しています!

こちらの公式の動画を見てもらうとよくわかります。

ワクワクする機能が満載で早く使いたくなりますね。

GoPro HERO8 Blackはビルトインマウントで直接アクセサリーに取り付け可能

GoPro HERO8 Blackは底部にビルトインマウントという、直接アクセサリーに取り付けられるパーツがあらかじめついています。

GoPro HERO8 Blackのビルトインマウント

今まではGoPro自体にフレームを取り付けてないと、アクセサリーへの取り付けができませんでしたが、GoPro HERO8 Blackにはそれが必要ありません。

つまりフレームがないため充電しながらの撮影もしやすいですし、フレームのような録音のジャマをするものが全くないので音質改善にも期待が持てます

ナシタカ
ナシタカ
フレームがないのは良いことづくめです!

これはGoPro Fusionについていた機能なので、それがやっとHEROシリーズに搭載されたかと思うと最高にうれしいですね。

GoPro HERO8 Blackは動画がキレイになった

動画の最高解像度は4K/60fpsと1080p/240fpsと変わりませんが、動画ビットレートが100Mb/s(4Kと2.7Kの解像度)に引き上げられました

動画ビットレートとは、簡単にいうと動画のデータがどのくらいあるのかという目安で、これが高いほどキレイな映像を撮影できる可能性が上がります。

ナシタカ
ナシタカ
編集用の素材としてもありがたい!

ライバル機であるDJIのOsmo Actionも100Mb/sなので、同じ水準まで上がってきたことを考えるとGoProの努力がわかりますね。

GoPro HERO8 Blackは撮影の視野角が増えた

GoPro HERO8 Blackでは撮影時の視野角(FOV)の選択が増えて、4種類から選べるようになっています。

  • SuperView(16mm)
  • 広角(16~34mm)
  • リニア(19~39mm)
  • 狭角(27mm)
GoPro HERO8 Blackの4つの視野角

それぞれで撮影できる動画や写真のアングルが変えられるので、撮りたい映像に合わせて変更することができます。

特にリニアと狭角の選択肢があると、アクションカメラっぽくない写真も撮影できるので、GoPro HERO8 Blackでの撮影がさらに楽しくなりそうですね。

ナシタカ
ナシタカ
リニアでの撮影は僕のお気に入りです!

GoPro HERO8 Blackは手ぶれ補正が大幅に進化

手ぶれ補正についても大幅に進化していて、ジンバルなしでも全くブレのない映像に仕上がっています。

動画をみるとここまで安定しているのかとかなり感動するレベル。

ナシタカ
ナシタカ
手ブレ補正もここまで来たかというレベル!

これなら子どもと一緒に遊びながら撮影しても、ブレのない最高の映像が撮影できそうですね。

GoPro HERO8 Blackはタイムワープも進化

GoPro HERO8 Blackはタイムワープ機能に関しても進化を遂げていて、ハイパースムース手ぶれ補正のおかげでより安定したタイムラプス映像が撮影できます。

また今までできなかった撮影途中の速度変更も自動調節するようになっているので、より撮影の快適さが上がっています。

ナシタカ
ナシタカ
速度変更は待ちに待った機能です!

これを使えば移動はタイムワープで撮影して、目的地についたら速度を落として撮影、といったこともできてしまうので、旅行での使い勝手がさらによくなりますね。

ナシタカ
ナシタカ
旅行での撮影がさらに楽しくなりそう!

タイムワープ撮影はGoProの楽しさを倍増させてくれた神機能だと思っていて、それがさらに進化したわけですから楽しみすぎますね。

GoPro HERO8 Blackはナイトラプスビデオが搭載

GoPro HERO8 Blackでは、新たにナイトラプスビデオモードが搭載されました。

今までのナイトラプスはビデオではなく、写真を撮影したあとから、パソコンの編集ソフトでビデオに変換する必要がありました。

そのためパソコンを持っていない人はナイトラプスを動画にできないので、使うことがほとんどないんですよ。

ナシタカ
ナシタカ
せっかくの機能がもったいなかった…。

それがGoPro HERO8 Blackからは本体だけでビデオとして撮影できるので、気軽にナイトラプスを楽しむことができます

ナシタカ
ナシタカ
GoProだけで完結するのは最高です!

これがあればGoProでの夜景の撮影がもっと快適にできるので、撮影がかなり楽しくなりそうです。

GoPro HERO8 Blackはスーパーフォトで写真もキレイに撮れる

動画だけでなく、写真についてもGoPro HERO8 Blackなら鮮やかに撮影できます。

こちらが実際の写真ですが、スーパーフォトのオンオフでキレイさが全然違うのがよくわかりますよね。

ナシタカ
ナシタカ
ただ撮影するだけで、キレイに仕上げてくれます!

これだけ鮮やかに撮影できるのであれば、GoProだけで旅行の思い出写真も十分に撮影できそうです。

GoPro HERO8 Blackはライブバースト機能を搭載

GoPro HERO8 Blackは新たにライブバーストという新機能を搭載しています。

LiveBurst(ライブバースト)モードは撮影の前後1.5秒を90枚の静止画として記録するもので、ここから最高の1枚を選ぶことができる機能。

GoPro HERO8 Blackのライブバースト機能

または3秒間の4Kビデオクリップとしてシェアすることもできて、このあたりは自由に選べるようになっているとのこと。

ナシタカ
ナシタカ
連写撮影を写真だけでなく、動画としても選べる機能です!

これで撮影しておけば最高の写真として残すこともできますし、動画として保存しておくのも自由なので撮影の幅がかなり広がりますね。

子どもの撮影では後から選べたほうが最高の1枚を見つけやすいので、僕にとっては重宝しそうな機能です。

ナシタカ
ナシタカ
家族での撮影でも、あとからみんなの表情を確認して選べます!

GoPro HERO8 Blackは進化したアクセサリーで多彩な撮影が可能

そしてさらに驚きなのが、GoPro HERO8 Black専用アクセサリーの充実度です。

まずはこちらの『メディアモジュール』。

GoPro HERO8 Blackのメディアモジュール

高性能の指向性マイクが内蔵されていて、さらに3.5mmマイクアダプターも使えるようになっています。

ナシタカ
ナシタカ
マイク内蔵はありがたい!

裏面にUSB-CポートとマイクロHDMI対応ポートがあるので、このままテレビに接続することもできます。

GoPro HERO8 Blackのメディアモジュールの裏側

GoProの弱点でもあった音声に対して、高性能マイクを搭載するというベストな解決方法を提示してくれたことが最高。

ナシタカ
ナシタカ
動画の音質がどれだけ良くなるか楽しみ!

さらにこのメディアモジュールには、こちらの2つのアイテムを取り付けることも可能です。

  • ディスプレイモジュール
  • ライトモジュール

ディスプレイモジュールは、フリップ式のスクリーンで自撮りでの映像を確認しながらの撮影ができます

GoPro HERO8 Blackのデイスプレイモジュール
ナシタカ
ナシタカ
自撮りでも映像を確認しながらの撮影ができます!

まさにYouTuberを意識したアクセサリーとなっていて、ライバル機であるOsmo Actionを意識していますね。

GoPro HERO8 Blackのデイスプレイモジュール

使わないときは取り外しておける自由度があるので、個人的にはOsmo Actionよりも使い勝手は良さそうだなと。

家族での自撮りでも重宝しそうで、これだけ画面が大きければアングルの確認もスムーズにできそうですね。

ナシタカ
ナシタカ
外付けモニターはかなりアリです!

ライトモジュールは、メディアモジュールに取り付けができるライトです。

GoPro HERO8 Blackのライトモジュール

光量200ルーメンから4段階で調節ができ、最大2つまで取り付けることで撮影対象を明るく照らすことができます

これもGoProの弱点だった暗いところでの撮影を快適にしてくれるアクセサリーなので、子どもの撮影でもかなり重宝しそうです。

ナシタカ
ナシタカ
暗いところでの撮影でも、GoProで十分いけそうです!

アクセサリーを充実させることで、シーンに合わせて最適な撮影セッティングができるようになった、最高の進化を遂げています。

1つ残念なのが、モジュール類の値段がなかなか高いこと。

ナシタカ
ナシタカ
3つ買うと25,300円にもなります…。

ただGoProでの撮影を快適にしてくれるアクセサリーなので、ぜひ使ってみたいところ。

モジュール類は12月中の発売なので、今から待ち遠しいですね。

GoPro HERO8 Blackの機能とスペック|まとめ

ここまでGoPro HERO8 Blackの機能とスペックとして、進化したポイントについてまとめてきました。

HERO7 Blackのときも機能に衝撃を受けましたが、GoPro HERO8 Blackはそれをさらに上回る進化を遂げていて、一目で欲しいと思ってしまいました。

機能だけにとどまらず、アクセサリーも充実したことで今までよりもたくさんの場面での活躍が期待できます。

僕にとっては子どもの撮影に関して欲しい機能ばかりなので、これで子どもと遊びながら撮影するのが楽しみでしょうがないです。

機能やスペック、アクセサリーの充実度をみると間違いなく買いのカメラなので、ぜひチェックしてみてくださいね。

以上、ナシタカ(@ehicalog)でした。

HERO8 Blackをお得にゲット!

GoPro公式サイトでついにGoPro HERO8 Blackが登場しました!

HERO7 Blackからはるかに進化していて、さらにアクセサリーも充実していてまさに最高のGoProと言っても過言ではありません。

ナシタカ
ナシタカ
最新のHERO8 BlackがGoPro公式サイトなら最安値で買えます!

しかも今ならマイクロSDカード32GBが無料でもらえるキャンペーンを実施中なので、買うなら今がチャンスです!

\BUY NOW/

公式サイトでGoPro HERO8 Blackを買う

ABOUT ME
ナシタカ
GoProが大好きで子どもの撮影に愛用しています。 撮影した動画の編集も大好きなので動画編集についても紹介しつつ、自分が気に入ったものをどんどん紹介していきます。