MENU
カテゴリー
ナシタカ
GoProブロガー
GoPro大好きな子育てパパ。日々の撮影&動画編集で家族の思い出を残すのがライフワーク。

GoProで長時間撮影ができない3つの原因と解決方法

この記事ではリンクに広告が含まれています。
GoProで長時間撮影ができない

どうも、GoPro大好きナシタカです。

長時間撮影ができないときの主な原因3つとその対策をまとめました。

僕自身も困ったときがあるので、参考にどうぞ。

目次

GoProの長時間撮影ができない3つの原因

主な原因3つとその対策をまとめました。

原因対策
SDカードの不具合GoPro推奨のSDカードを使う
SDカードのメンテナンス
バッテリー持ちエンデューロバッテリーを使う
解像度とfpsを下げる
熱暴走モバイルバッテリーを接続しながら撮影
解像度とfpsを下げる
GoProを直接冷やす

それぞれ詳しく見ていきましょう。

SDカードの不具合への対策

データを保存するSDカードの不具合で、長時間撮影ができなくなります。

対策がこちらの2つ。

GoPro推奨のSDカードを使う

GoProには推奨のSDカードがあるので、その中から選ぶと無用なトラブルを防げます。

僕がおすすめしたいのが、サンディスクSDカード128GB。

読み書きも高速で愛用していますが、トラブルが起きたことはありません。

SDカードのメンテナンス

SDカードを使い続けていくと、動画を削除してもゴミのようなファイルが積み重なっていきます。

SDカードを良い状態に保つためには、定期的なフォーマット操作が必須

フォーマットについてはこちらの記事をどうぞ。

バッテリー持ちへの対策

GoProはバッテリー持ちが悪いため、長時間撮影には工夫が必要。

それがこちらの2つです。

エンデューロバッテリーを使う

GoProエンデューロバッテリー

HERO9以降限定ですが、エンドューロバッテリーを使うと撮影時間が伸びます。

GoPro(ゴープロ)
¥4,180 (2023/11/18 09:24時点 | Amazon調べ)

特にスノボなどの寒冷地で役立ち、バッテリーを交換するだけとお手軽な方法。

詳しくは▼GoProの純正バッテリーの種類と比較の記事をどうぞ。

解像度とfpsを下げる

撮影設定で解像度とfpsを下げると、消費電力が減ってバッテリーが長持ちします。

5.3KとフルHDを比較すると、2倍以上の差が。

室温12℃通常バッテリーエンデューロバッテリー
5.3K60fps35分48秒55分07秒
1080p30fps61分48秒122分01秒

解像度を下げたくないときは、熱暴走対策のこちらを併用しましょう。

熱暴走への対策

熱暴走とは本体温度が高くなり過ぎたときに、自動で撮影を停止してしまう状態のこと。

特に夏場などの気温が高い環境で起こりやすいので、対策がこちらの3つです。

モバイルバッテリーを接続しながら撮影

バッテリーを外し、モバイルバッテリーで給電しながら撮影する方法。

GoProをモバイルバッテリーで給電しながら撮影

実際に検証したがのこちら。

撮影方法通常バッテリー外し
4K120fps(室温22℃)14分30秒29分16秒
4K120fps(室温12℃)24分32秒173分
バッテリー切れ

モバイルバッテリーがあるなら、ぜひ試してほしい方法です。

解像度とfpsを下げる

撮影設定で解像度とfpsを下げると、消費電力が減って温度が上がりにくくなります。

解像度とfpsの違いによる熱暴走の変化がこちら。特にfpsが高いと起こりやすいのがわかります。

撮影環境室温22℃
5.3K60fps24分49秒
5.3K30fps41分42秒
4K120fps14分30秒
4K60fps27分41秒
4K30fps44分41秒
2.7K240fps21分37秒
2.7K120fps43分33秒
2.7K60fps47分43秒
1080p240fps29分25秒
1080p120fps33分52秒
1080p60fps58分42秒
1080p30fps61分52秒
バッテリー切れ

解像度を下げたくないときは、次の方法を併用しましょう。

GoProを直接冷やす

扇風機で風を送ると、気化熱で温度を下げられます。

GoProを扇風機で冷やして撮影

送風で温度を下げながら撮影し、実際に検証したがのこちら。

撮影方法通常送風あり
4K120fps(室温22℃)14分30秒28分40秒
4K120fps(室温12℃)24分32秒26分25秒
バッテリー切れ

また保冷剤を濡れたタオルなどで直接巻きつけ、本体を直に冷却するのも効果的。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)
¥480 (2024/05/19 17:26時点 | Amazon調べ)

夏場であれば直射日光を避けるためにも、日傘でGoProを守のもおすすめです。

GoProよりも熱に強いInsta360 Ace Proがおすすめ

GoProは熱に弱く、撮影が停止するリスクがどうしてもあります。長時間撮影もしにくく、なかなか使いづらさを感じることが多いのは事実……。

そんな悩みを解決してくれるので、Insta360 Ace Pro。熱が発生しにくく、長時間撮影もこなせるポテンシャルの高さが魅力です。

Insta360 Ace Proのフリップ式ディスプレイを上げたところ

現状では最強のアクションカメラといえるほどに使いやすく、僕も普段の撮影で愛用していますが、『GoProで感じていたストレスは一体何だったんだ?』と思うくらいに使いやすいです。

GoPro以外の選択肢として、Insta360 Ace Proはぜひチェックして欲しいアクションカメラです。

Insta360
¥67,800 (2024/05/21 23:18時点 | Amazon調べ)

GoProの長時間撮影ができない理由と解決方法まとめ

主な原因3つと、対策をまとめたのがこちら。

原因対策
SDカードの不具合GoPro推奨のSDカードを使う
SDカードのメンテナンス
バッテリー持ちエンデューロバッテリーを使う
解像度とfpsを下げる
熱暴走モバイルバッテリーを接続しながら撮影
解像度とfpsを下げる
GoProを直接冷やす

1つずつチェックし、可能性を潰していきましょう。

特に熱暴走は毎年夏には悩みの種になるので、対策を準備するのが大切です。

Insta360
¥67,800 (2024/05/21 23:18時点 | Amazon調べ)
GoPro(ゴープロ)
¥4,180 (2023/11/18 09:24時点 | Amazon調べ)
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)
¥480 (2024/05/19 17:26時点 | Amazon調べ)
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次