[e]GoPro HERO5 Sessionを購入したので機能やスペック、バッテリー情報についてまとめました!

HERO5 Sessionのレビュー

この記事をかいた人

GoPro好きな整体師。GoProのレビューから使い方まで実際に使ってみた感想を基に記事を作成しています!

どうもGoPro大好きナシタカ(@ehicalog)です。

色々と考えてHERO5 Sessionをついに購入してしまいました。なので今回はHERO5 Sessionのスペックや他のモデルとの違いについてまとめていきます。

これからGoProを購入しようと考えている人やHERO6とHERO5 BLACKなどのどのモデルを購入しようか迷っている人には実際にどんな違いがあるのかイメージしづらいと思います。

僕も実際に各モデルを使ってみるまでは公表されている機能の違いしか分からずに、具体的な違いがイメージできなくて迷ってしまいました。

しかしそれぞれが独自のメリットを持っているのでその特性を理解することが大切。そのあたりについて詳しくまとめていきます!

スポンサーリンク

GoPro HERO5 Sessionのセット内容

まずはGoPro HERO5 Sessionのセット内容についてですが、以下のものが入っています。僕は今回Amazon以外のサイトでサービス品付きの商品を購入しました。新品3万円ちょっとでヘッドマウントと旧型ハンドラー、マイクロSDカード16GBがついているのでかなりお得。

HERO5 Sessionのセット内容
  • 本体とフレーム(別々になって入っています)
  • USB-TypeCケーブル
  • マウント2種類
  • 取扱い説明書

GoPro HERO5シリーズから10m防水機能が付いているので、ハウジングケースがなくてもこのまま水中で使用することができます。そのため付属品はフレームとなっていてこちらを装着したまま端子部分へのアクセスができるようになっているのでかなり便利です。フレームの開閉操作をしやすいので使いやすさは抜群。
フレームを装着したHERO5 Session

HERO5 Sessionのフレームのツメ部分が閉じたところ HERO5 Sessionのフレームのツメ部分を開いたところ

またケーブルや接着製マウントも一緒に入っていますが、自撮り棒やゴリラポッドでのネジ装着を利用する場合は別売のマウントを購入する必要があるのはHERO5 BLACKと一緒なので注意しましょう。

詳しくはこちらの記事をどうぞ!

合わせて読みたい!

[e]ベルボンの自撮り棒ULTRA STICK SELFIEはGoPro使うなら絶対買うべき

GoPro HERO5 Sessionの本体

HERO6と比べてみたのがこちらの写真です。やはり正面から見るとそのコンパクトボディが伝わりますね。HERO6も十分コンパクトだなと思いましたが、それを超えるサイズ感には驚きました。
HERO5 SessionとHERO6を比較

次に厚みを比べてみます。こうしてみると同じぐらいですが、若干HERO5 Sessionの方が1~2ミリ程高さがあります。
HERO5 SessionとHERO6の厚みを比較

しかし大した違いではないですね。HERO5 Sessionはさすがのコンパクトボディで最高です。

GoPro HERO5 Sessionの仕様

Sessionは従来のGoProからボディも大幅に変更されて機能面も充実しています。主なスペックについて見ていきましょう。

  • カメラステータスクリーン
  • ビデオ解像度 最高4K/30fps
  • 静止画解像度 12MP
  • クラウドへのオートアップロード
  • ボイスコントロール(7ヶ国語)対応
  • 1ボタンコントロール
  • 10m防水(ハウジング不要)
  • ステレオ録音/風切り音低減
  • 電子式手ブレ補正
  • 広角歪みを低減したリニアビュー
  • RAW/WDR写真モード
  • GPS搭載

カメラステータススクリーン

今回のGoPro HERO5 Sessionには背面にサブディスプレイである「カメラステータスクリーン」がついているので設定の確認をここですることができます。
HERO5 Sessionのカメラステータススクリーン

スマホとの連携が前提になっているために設定もスマホからやることが基本ですが、ふとしたときに今の設定がどうなっているのか確認するにはこのくらいで十分。この大きさのボディを実現するためにも実用的なディスプレイです。また本体のボタン操作でもこのスクリーンを確認しながら行います。

ビデオ解像度 最高4K/30fps

この手のひらよりも小さいボディで最高画質の4K動画を撮影できることに驚きました。BLACKモデルと比べても遜色のない動画機能です。

対応フレームレート一覧はこちら。幅広い解像度での撮影ができるので使い勝手は抜群ですね。各解像度とフレームレートの対応はこのようになっています。

解像度対応FPS画角
4K30,25,24広角
2.7K48中間
30,25,24スーパービュー
広角
中間
魚眼無効
2.7K(4:3)30,25広角
1440p60,50,48,30,25,24広角
1080p90広角
60,50スーパービュー
広角
魚眼無効
48,30,25,24スーパービュー
広角
中間
魚眼無効
狭角
960p100,60,50,30,25広角
720p120広角
60,50,30,25スーパービュー
広角
中間

静止画解像度 10MP

GoPro HERO5 Sessionは動画だけでなく、静止画に関しても10MPという高解像度での写真を撮影することが可能。動画のイメージが強いですが、写真に関してもかなり綺麗に撮れるのでまさに最強のカメラ。
HERO5 Sessionのレンズ部分

ちなみに撮影した動画から静止画を切り出すこともできるので、後からお気に入りのシーンを見ながら最高の1枚を生み出すこともできます。詳しいやり方はこちら。

合わせて読みたい!

[e]GoPro HERO6/HERO5 BLACKで動画から静止画を切り出す方法

クラウドへのオートアップロード

GoProでは「PLUS」というクラウドサービスを提供しています。公式サイトでは月額600円になっていますね。

内容としてはクラウドのライブラリーに35時間のビデオと62,500枚の写真とその組合せ分のデータをアップロードすることができます。ただ両者とも元の解像度に関係なく最大1440p及び12MPで保存されるとのこと。またデータ使用量が別途かかる可能性があるとのことです。

僕は必要ないので使っていませんが、最初は30日間の無料トライアルで利用できるので気になる方は利用して見るのが良いですね。

ボイスコントロール(7ヶ国語)対応

GoPro HERO5 Sessionは音声コントロールに対応していて、ボタン操作でなく声で撮影の開始や停止などのコントロールができるようになっています

特にアクティビティ中など直接GoProの操作ができない場面でも声によって指示を出すことで、思い通りのタイミングで操作が可能。

こちらがマニュアルで紹介されている操作の一覧になります。

アクションコマンド説明
GoPro ビデオスタートビデオを撮影
GoPro ハイライトビデオにハイライト タグを追加
GoPro ビデオストップビデオ撮影を停止
GoPro 写真写真を撮影
GoPro 連写連写を撮影
GoPro タイムラプススタートタイムラプスフォト(コマ撮り写真)の撮影を開始する
GoPro タイムラプスストップタイムラプスフォト(コマ撮り写真)の撮影を停止する
GoPro 電源オフカメラの電源オフ
GoPro ビデオモードカメラのモードをビデオに変更(ビデオを撮影しない)
GoPro 写真モードカメラのモードを写真に変更(写真を撮影しない)
GoPro 連写モードカメラのモードを連写モードに変更(連写しない)
GoPro タイムラプスモードカメラのモードをタイムラプス(コマ撮り)に変更(タイムラプス写真を撮影しない)

ちなみにこのボイスコントロールの場合はビデオ録画や写真の撮影のために特定のモードになっている必要はありません。

例えばビデオモードでも「GoPro 写真」と言えば写真を撮影することができるというわけ。上手く使えばボタン操作の必要なく撮影を開始することができて便利ですよ。

1ボタンコントロール

GoPro HERO5 Sessionでは以前のGoProと比べるとボタン操作がシンプルになって簡単に撮影の操作ができるようになっています。
HERO5 Sessionのシャッターボタン

上部の赤い丸がついたシャッターボタンで簡単に録画と録画停止の操作ができます。特に画面がオフになっている状態からシャッターボタンを押すだけですぐさま撮影を開始でき、撮影が終わると自動で電源が切れる「クイックキャプチャー」がめちゃくちゃ便利。

この機能のお陰で撮影したいときにGoPro本体の電源が入っていなくても、ボタンクリックで起動ができすぐに撮影が開始できます。常時起動しておく必要がなくバッテリーの節約にもなるので、僕は普段からかなり重宝している機能です!

10m防水(ハウジング不要)

その名の通りGoPro HERO5 Sessionはハウジングなしで10mの防水機能が付いているので、そのまま水中で利用することができます。

前のシリーズでは水中用のハウジングケースに入れて利用する必要があったので、ケースに入れるために音がこもってしまいクリアな音を拾うことができずにいたそうです。それが今回ハウジングなしで防水機能が付いた上に、マイクが2箇所に付いていてクリアな音を自動で拾ってくれるという最高の進化を遂げています。

ちなみにHERO5 Sessionでは純正のハウジングがありませんがサードパーティ製のハウジングを装着することで45mまでの防水機能となっています。なのでダイビングなどに使う方はサードパーティ製のハウジングケースを用意しておきましょう!

風切り音低減

GoPro HERO5 SessionではHERO5 BLACKと違いステレオでの音声録音に対応していません。しかり風切り音の低減機能は同じようについています。

GoPro HERO5 Sessionにはマイクが2箇所ついていて、本体のレンズ側左上と後面左下にそれぞれついています。まずこちらが前面のマイク。
HERO5 Sessionの前面左上のマイク

そしてこちらが後面のマイクです。
HERO5 Sessionの後面左下のマイク

電子式手ブレ補正

GoPro HERO5 Sessionではこの手振れ補正機能のお陰で滑らかな映像を簡単に撮影することができるようになっています

特にこの機能は僕のように子供を追いかけながら撮る時に大活躍してくれて、走りながら撮影した動画も後で見返すと「あれ?思ったよりブレてないぞ」と驚くくらいにいい感じの映像になっていました。

完全にブレを無くすまでは難しいですが、この機能と合わせて撮影の際にブレを起こさないように意識しながら撮影することである程度は手ブレを軽減することができるので便利な機能です。

広角歪みを低減したリニアビュー

アクションカメラであるGoPro HERO5 Sessionでは広角で撮影すると動画や静止画で周りの背景が歪んでしまいます。この歪みがGoProっぽくて僕は好きなんですが、「魚眼無効」を選択して撮影するとこの広角の歪みを低減して動画や静止画の撮影ができるようになります。

実際に撮影してみたのがこちらです。広角で撮影すると直線が歪んで撮影されている状態。
広角で直線が歪んだ写真

こちらが「魚眼無効」のリニアビューで撮影した写真。先程歪んでいた直線がまっすぐになっているのが分かります。
魚眼無効で歪みが低減した写真

広角に比べると撮影範囲は狭まりますが、様々な画角で撮影できるのでGoProでは撮影の幅が広がり撮影が楽しくなること間違いなし。

GoPro HERO5 Sessionのバッテリー周りの仕様

GoProを使う上で気になるのは、バッテリーの機能がどのくらいなのかというところ。僕が実際に使ってみて分かったバッテリーについての情報をまとめてみました。

バッテリー最大利用時間

まず連続撮影時間としては最大1時間くらいが目安になります。

HERO5 Sessionの場合は本体にディスプレイがないため映像の確認にはスマホに接続する必要があります。そのためワイヤレス接続をする機会が頻繁にあるので、その分バッテリーの消費が早まる可能性が高い。さらに接続した後では再度素早い接続ができるようにワイヤレスはオンの状態になっているためバッテリーの消費が早くなってしまいます。バッテリーの節約のためには本体の操作でワイヤレス機能をオフにする必要があるので、この点は他のモデルと比べると手間に感じてしまいますね。

このあたりはタッチディスプレイの有無での操作性の違いがハッキリ出てくる部分。HERO6などではタッチ操作で素早くワイヤレス機能をオフにできますが、HERO5 Sessionではボタンを何度も押してメニューを操作するので煩わしさを感じてしまいます。特にHERO5 Sessionはバッテリー内蔵型で取り出しての交換ができないためによりバッテリーの管理がシビアになります。
HERO5 Sessionのバッテリー部分

ここの管理をしっかりしておかないと「撮影したい時に電池切れで撮影できなかった」という悲しい自体にもなる可能性があるので注意が必要です。

バッテリー充電時間

GoPro HERO5 Sessionのバッテリーの充電電圧としては5Vの2Aが理想として推奨されていて最小が5V1Aとなっています。またパソコンのUSBポートも利用できるとのこと。ただ公式マニュアルを見ると以下のように書かれています。

警告:GoPro AC充電器以外のAC充電器を使用すると、GoPro本体のバッテリーが破損したり、火災や液漏れが生じたりする恐れがあります。GoProスーパーチャージャー(別売り)以外では、次にようにマークされている充電器のみ使用してください。出力5V1A。充電器の電圧と電流が不明の場合は、付属のUSBケーブルを使用してコンピューターに接続し、本体の充電を行ってください。
HERO5 Session ユーザーマニュアル70P「バッテリーの情報」より引用

これを見ると「GoProの純正品以外なら出力5V1Aのやつ使ってね」と書かれていますが、Web上のサポートページには以下のように書かれています。

カメラに 5V 2A(理想的)または5V 1A(最小)を出力する USB AC充電器を接続します。注:充電時間は、充電器および出力によって異なります。
HERO5 Sessionの充電方法

なので5V2Aの充電器を使っても問題はなさそうです。このあたりは使い続けないとわからないのでこれ以上はなんとも言えませんが、僕自身バッテリー充電に関しては純正品以外のものを使ったりしているので結果は分かり次第追記していきます!

充電時間については公式マニュアルだと2時間になっていますが、充電の仕方で必要時間は変わります。パソコンのUSBポート利用の場合は4時間、コンセント充電器を利用した場合は2時間が目安

僕はAnkerのUSB5ポート急速充電器を利用しましたが、体感的にはもっと早かった感じがして約1時間ちょっとぐらい。早く充電したい時はこちらを合わせて利用するとオススメです。

充電しながらの撮影について

GoPro HERO5で充電しながらの撮影が可能かどうかについてですが、まず充電しながらの撮影は可能です。ただ正しくは撮影中は充電ではなく「給電」になります。つまり充電中に撮影を始めるとバッテリーを減らさずに撮影ができるというわけ。なので充電中に撮影を始めると給電状態になるのでバッテリー量自体は増えませんが、減らすことなく撮影をすることができるのです。

HERO5 Sessionの場合はBLACKやHERO6と違って付属のマウントを装着していても端子カバーを開閉することができるので、そのまま給電しながらの撮影を行うことができるのが嬉しいポイント。サードパーティ製のフレームを購入する必要がないのが便利です。
HERO5 Sessionでフレームを装着したまま端子カバーを開閉

注意点としては給電しながらの撮影では端子カバーを開けながらの撮影になるので防水防塵機能はなくなります。なので雨や砂が飛んで来るような環境での撮影は故障の原因になるので注意してください。

SDカードの注意点と録画可能時間について

GoProを利用するためにはデータを記録するためのSDカードが必要なので、持っていない方は必ず一緒に購入しましょう。これがないとGoPro本体が届いても使えないので。またHERO5 Sessionは他のHERO5 BLACKやHERO6と違ってマイクロSDカードの挿入が斜め方向なので最初挿入した時に焦りました。この方向で良いのかと心配になるくらい斜めだったのでそこだけ気をつけておきましょう。

GoPro HERO5 Sessionで動作保証がされているSDカード

特にSDカードは動作保証されているものがGoProのHPで公開されており、この中から選ぶようにしましょう。動作保証がされていないSDカードを使っていると電源不良や故障に繋がる危険性があります。下にまとめたのがGoPro HERO5 BLACKで動作保証されているSDカードです。

ブランドシリーズ品番容量
SandiskExtreamSDSQXVF-032G-JN3MD32GB
SDSQXVF-064G-JN3MD64GB
SDSQXVF-128G-JN3MD128GB
Extream ProSDSQXPJ-064G-JN3M364GB
SDSQXPJ-128G-JN3M3128GB
LexarProfessional 1800xLSDMI32C RBJP1800R32GB
LSDMI64C RBJP1800R64GB
LSDMI128C RBJP1800R128GB
Professional 1000xLSDMI32GC BJPR1000R32GB
LSDMI64GC BJPR1000R64GB
LSDMI128CR BJP1800R128GB
HighPerformance633xLSDMI16GB BJP63316GB
LSDMI32GB BJP63332GB
LSDMI64GB BJP63364GB

僕が今回購入したセット内容には16GBのサンディスク製のSDカードが付いていたのですぐに使い始めることができました。まだの方はこちらの容量多めの64GBがおすすめ。

または値段的におすすめなのはこちらの2つです。

128GBを探している方はこちらがコスパ抜群でオススメです。

僕は考え方としてなるべく手間暇をかけずに使いたいので、SDの容量は基本多いものを購入します。データの容量を理由にいちいち交換するのが面倒だと感じてしまうので。実際に使ってみて、今のところは64GBでも旅行では問題なく記録できています。

ちなみに128GBのSDカードは「実際に使おうとした認識しなかった」とか「使えました」とかブランドによってSDカードエラーがあるみたいですが、今回紹介した128GBのSDカードはGoProでの動作が保証されているので安心。Amazonでも安いSDカードなどがけっこう売られていますが、使いない可能性があるので注意してください。これ以外だと128GBはほとんど値段も高くなってくるので、僕は64GBを複数購入するのが良いかなと考えています。

今回紹介したSDカードのAmazonの評価を見ると低評価が多くてビックリしましたが、僕は購入して半年経ちましたが問題なく使えています。トラブルも起きていないので僕は良いものを買えたなと思っています。

SDカードの録画時間

最近何度か撮影をしていて、長回しをすると結構容量が足りなくなりますね。旅行とかで容量を気にせず撮りたいなら64GBのSDカードが1日1枚くらいで考えておくと安心かなという印象があります。

特に高画質での撮影をするなら複数枚のSDカードは必須です!4K動画を撮ったりするとすぐ容量が一杯になりやすいので、容量と解像度のバランスを考えながら設定をするのが大切。

実際に僕が使っている64GBのSDカードの場合の録画時間についてまとめてみると、以下のようになっています。

解像度FPS録画可能時間
4K302H:08
24
2.7K482H:08
30
24
2.7K(4:3)302H:08
1400602H:08
482H:48
30
24
1080902H:08
602H:48
48
30
24
9601002H:48
60
30
7201202H:48
60
30

16GBのSDカードの場合の録画時間については以下のようになっています。

解像度FPS録画可能時間
4K3032分
24
2.7K4832分
30
24
2.7K(4:3)3032分
14006032分
4842分
30
24
10809032分
6042分
48
30
24
96010042分
60
30
72012042分
60
30

静止画の場合は標準の10MP撮影モードと夜間モードの2つがあります。

夜間撮影の場合はシャッタースピードを遅くすることで光が取り込みやすくなり暗い中でも写真を明るく撮影できるというもの。ただシャッタースピードを遅くすることで手ブレが出てくるので、手持ちでの撮影はほぼ不可能になり固定での撮影が必須です。

ちなみにシャッターの開放時間は自動/30秒/20秒/15秒/10秒/5秒/2秒の7種類から選択することができます。まずこちらが64GBのマイクロSDカードでの容量。

撮影モード撮影可能枚数
10MP24,337枚
夜間11,254枚

こちらが16GBのマイクロSDカードでの容量。

撮影モード撮影可能枚数
10MP6,062枚
夜間2,803枚

GoPro HERO5 Sessionと他モデルとの違い

ここまでHERO5 Sessionの機能とスペックなどについて詳しく紹介しましたが、では実際に他のHERO5 BLACKやHERO6との違いは何なのでしょうか?その違いについて詳しく紹介します。

静止画の画質が低い

HERO5 Sessionは静止画最高画質が10MPとなっています。HERO5 BLACKやHERO6などの他のモデルでは静止画解像度が12MPなのでそれに比べると解像度では劣っています

また解像度だけでなく静止画に関する機能としてのWDRやHDRに対応していないためにさらに画質では差がつけられてしまうこともあるため、動画だけでなく静止画にもこだわりたいという人にはあまりおすすめできませんね。

フレームレートの対応解像度の違い

まず決定的に違うのが動画機能。4Kでの撮影には対応していますが他のモデルと違ってFPSの設定が低くなっています。つまり高解像度での高フレームレートでの撮影ができない。普通の撮影では30fpsもあれば十分なので特に関係ないですが、問題はスローモーションの撮影をしたいとき。

他のモデルに合わせてスローモーションの素材を撮影しようと思ったら解像度をかなり落とさないといけないので、使い勝手がかなり悪くなります。そのためHERO5 Sessionはスローモーションの撮影には適さない機種だなという印象。スローモーションを撮影したい人は他のHERO5 BLACKやHERO6を選ぶべきです。

RAWとWDRに非対応

RAWデータに対応していないので、写真の補正を後から行いたい人には物足りない可能性が高いです。ただそこまで編集しない人には関係ないですね。

後はHERO5 BLACKではWDR、HERO6ではHDRとして写真の露出を自動で補正してくれる機能がないので、露出の調整が難しくなる可能性があります。この機能は自動で補正してくれるので初心者にはありがたい機能なのですが、HERO5 Sessionにはそれがないので自分自身で露出に気をつける必要性が高まります。

GPS機能の有無

HERO5 SessionはGPS機能がついていないため、写真に位置情報のデータを付けることができません。なのでこうしたGPS機能を活用したい人にはオススメできません。またGPS機能があるとQuikなどの純正編集ソフトでスピードメーターなどのゲージを付ける機能が利用できるのですが、その機能もHERO5 Sessionでは利用できません。

タッチディスプレイの有無

HERO5 Sessionにはタッチディスプレイがないので本体だけでスピーディーな設定操作ができません。そのためスマホと接続しての映像確認などが必要になるので、そうした手間があることだけは知っていたほうが良いです。

バッテリーの着脱が可能か

HERO5 Sessionではバッテリーが内蔵されているので取り出しての交換ができません。これは特に旅行などでバッテリー切れのリスクが有り、充電への配慮がこまめに必要になるので手間になりやすいです。他のHERO5 BLACKやHERO6であればバッテリーを交換するだけで済むので予備バッテリーを持っておけば安心なのですが、HERO5 Sessionではそうした安心を確保することが難しいのが現状。

HDMIポートの有無

HERO5 SessionにはHDMIポートが付いていないのでテレビに直接出力することはできません。僕はけっこう家族でテレビに映像を出力して観るのが好きなのですがそれができないのは残念。代わりにスマホで映像を観ることはもちろんできますが、迫力に欠けます。

なのでテレビで直接映像を観たいという人にはオススメできません。このテレビへの接続に関してはこちらの記事をどうぞ!

合わせて読みたい!

[e]GoPro HERO6/HERO5 BLACKをテレビに繋ぐ方法とその操作方法

価格が改定されてさらに購入しやすくなりました!

価格が19,500円と2万円を切る値段になったのでさらに購入しやすくなりました。

HERO5 BLACKも価格改定で安くなりましたが、まだ37,000円と高価なので「GoPro」を試してみたい!という方にはこちらのHERO5 Sessionは価格からもおすすめ。機能には差がありますが、撮影自体は4Kの高解像度でできるので全く問題ありません。

まとめ

今回調べてみてHERO5 Sessionの機能やスペックを詳しく知ることができて、他のHERO5 BLACKやHERO6との違いを明確に知ることができました。

HERO5 Sessionは機能面では劣っている部分が多いのですが、その分HERO5 Sessionだからこそできることもたくさんあります。そのコンパクトボディを活かして撮影をするのが僕のこれからの役割。

使い方に関してはイメージはできているので、今後それを実際に試してみてまた記事で紹介していきます!ぜひ皆さんも今回の記事でHERO5 Sessionへの理解を深めてもらえたら嬉しいです。

GoProの購入を考えている方はまずレンタルしてみるのが良いですよ!

合わせて読みたい!

[e]GoProのおすすめレンタルショップ5選!レンタルでGoProを試してみよう!!

液晶保護フィルムをお探しの方はこちらがオススメです!

合わせて読みたい!

[e]GoPro HERO5 Session用のAFUNTA液晶保護9Hガラスシートがお買い得でオススメ!

スポンサーリンク

スポンサーリンク