MENU
カテゴリー
ナシタカの画像
ナシタカ
GoProブロガー
GoPro大好きな子育てパパ。日々の撮影&動画編集で家族の思い出を残すのがライフワーク。

【Zeus Miniレビュー】非常時にも役立つウェアラブルなライトアクセサリー

ナシタカのアイコン画像ナシタカ

この記事ではZeus Miniについてレビューしています。GoProのライトモジュラーを便利に使える組み合わせなので、その魅力について紹介していきます!

どうも、GoPro大好きナシタカです。

GoProで撮影していると、たまにライトが欲しいときがあります。例えば暗いところで撮影であったり、ちょっと照明のように使いたいときですね。

GoPro HERO8の専用モジュラーとして登場したライトモジュラーは、GoPro初の純正ライトアクセサリーとして重宝しています。

そんなGoProから新しいライトアクセサリーが発売され、それが『Zeus Mini』です。

ライトモジュラーがさらに便利に使えるアクセサリーセットで、GoProでの撮影でも照明として大活躍

しかしそれだけではなく、アウトドアでのライトや緊急時にも役立つ便利なライトなっています。

そこでこの記事では、Zeus Miniの使い方についてレビューしていくので、気になる方はぜひチェックしてくださいね!

目次

Zeus Miniの外観

Zeus Miniは、ライトモジュラーとマグネット付きスイベルクリップを組み合わせたアクセサリーセットです。

Zeus Mini

なのでまったく新しいアクセサリーというわけではなく、このように2つのアクセサリーを組み合わせただけで再現できます。

ライトモジュラーとマグネット付きスイベルクリップ

重さは175gとなっており、ほとんど重みを感じない軽さ。

Zeus Miniの重さ

クリップのおかげでこのように、スタンドライトとして活用することもできます。

Zeus Miniをスタンドライトとして活用

スイベル機能で向きを360°自由に変えられるので、ライトの方向も自由自在。

Zeus Miniの向きを変えたところ

それぞれ単品で買うよりもお得に購入できるのがポイントですね。

Zeus Miniの良いところ

Zeus Miniの良いところが、こちらの3つになります。

独立したライトとして使える

Zeus Miniは独立したライトとして使え、照明のように使うことができます。

Zeus Mini

ライトモジュラーは充電式となっているため、GoProと組み合わせなくても使えるのがポイント

このようにクリップがスタンドにもなるので、スタンドライトとして使うこともできます。

Zeus Miniをスタンドライトとして活用

USB-Cで充電しながら使うこともできるので、長時間の照明としても問題なし。

GoProライトモジュラーを充電しているところ

ディフューザーもあるので、光量調節も簡単にできます。

Zeus Miniにディフューザーを取り付けたところ

さらにクリップにはマグネットが内蔵されているので、このように磁力で取り付けることもできます。

Zeus Miniをマグネットで取り付けたところ

体に取り付けられる

クリップと組み合わせることで、体への取り付けが簡単にできるのがとても便利です。

例えば公式サイトにもありますが、帽子に取り付けるだけで、簡単なヘッドライトとして使えます。

Zeus Miniを帽子に取り付けたところ

スイベルクリップのおかげで角度の調節もスムーズ。ちょっと下に向けるのも簡単です。

Zeus Miniのライトを付けたところ

他にもクリップでリュックへの取り付けも簡単。

Zeus Miniをリュックに取り付け

ここでもスイベルで向きの調節が簡単にできます。

Zeus Miniをリュックに取り付け

非常時にも役立つ

Zeus Miniはストロボ機能を搭載しており、非常時にも役立つようになっています。

ストロボは夜間でもとても目立つので、山の中で遭難したときの合図として役立つ、緊急時にあると安心なアイテムです。

なので撮影用の照明だけでなく、アウトドアや緊急時にも役立つライトアクセサリーなんですよ。

Zeus Mini

アウトドアでGoPro使うなら、持っておくと安心なアイテムですね。

Zeus Miniのイマイチなところ

Zeus Miniのイマイチなところが、こちらの2つになります。

ライトモジュラーは充電が必須

ライトモジュラーはリチウムバッテリーなので、充電が必須となっています。

GoProライトモジュラーを充電しているところ

なので使う前には、必ず充電をするように気をつけましょう。

ただ電池式と違い、モバイルバッテリーがあれば何度でも使えるので、そこはかなり便利なポイントですね。僕はAnker Powercore Fusion 5000を愛用しており、コンセントもついていてかなり便利ですよ。

取り付けられないと高さがない

Zeus Miniは、クリップマウントなので高さが低いのが使いにくいところ

Zeus Miniをスタンドライトとして活用

台などあればいいですが、もう少し高さが欲しい時は、他のアクセサリーと組み合わせるのがおすすめ

僕はショーティーと組みわせて使っています。

GoProライトモジュールをショーティーに取り付けて三脚にしたところ

三脚と自撮り棒で高さが出せるのと、ショーティーもコンパクトで持ち運びがしやすいのもポイント。

また自撮り棒として使えば、手持ちのハンドライトとしても使えます。

GoProライトモジュラーをショーティーに取り付けて伸ばしたところ

このように工夫次第で使い道がかなり広がるので、ぜひいろいろと組み合わせを試して欲しいですね。

Zeus Miniレビューまとめ

Zeus Miniはライトモジュラーとマグネット付きスイベルクリップを組み合わせたアクセサリーで、使い勝手がとてもいいです。

クリップを使って体に取り付けるのも簡単で、撮影だけでなく緊急時にも役立つ便利なライトとして活用できます。

それ以上にライトモジュラーを他のアクセサリーと組み合わせると、ここまで便利に使えるのかと気付かせてくれるとても素晴らしいアクセサリーです。

僕もショーティーと組み合わせたりしていたので、他のアクセサリーと組み合わせて自分なりの使い方を見つけるのも、とてもおもしろそうですね。

GoProのためのライトを探している方は、ぜひZeus Miniをチェックしてみてくださいね。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる