[e]GoPro HERO6/HERO5 BLACKでの動画設定を解説!Protuneをマスターせよ!

GoPro HERO5 BLACKの動画設定

この記事をかいた人

GoPro好きな整体師。GoProのレビューから使い方まで実際に使ってみた感想を基に記事を作成しています!

どうもGoPro大好きナシタカ(@ehicalog)です。

今回はGoPro HERO6/HERO5 BLACKでの動画の基本設定とProtuneでの設定について紹介します。

GoProでは動画の設定が基本項目から詳細項目まで自由に設定ができるので、そうした数値を変えることで自分の目的に合わせた動画を自由に撮影することができます。ただ最初の使い慣れないうちは項目が多すぎて使いにくいのも事実。

そこで今回は各項目の説明と僕が実際に動画を撮影しているときの設定を目的別に紹介していきます。ぜひ設定をいろいろと変えてみて思いのままに動画を撮影できるようになってください!

スポンサーリンク

解像度

GoPro HERO5 BLACKの解像度

まず解像度とは動画や写真の細かさのこと。この数字が大きいほど高精細な動画となりますが、GoProの解像度は以下の種類があります。

  • 4K
  • 2.7K
  • 2.7K(4:3)
  • 1440
  • 1080
  • 960
  • 720
  • 480

たくさんの種類があってなんとなく「動画取るなら高画質な方が良いでしょ。」と思うので4Kを選ぶ方もいらっしゃると思いますが、4Kというのは対応しているディスプレイなどの端末でないとほとんど違いがわからないようなレベルです。

現段階で4K対応の端末を持っている人自体が少ないので、ここまでの解像度の動画はプロを除いてほとんど必要ありません。ただ今後普及されることは確実なので、撮影しておくことで後から4Kの最高画質を楽しむことができます。特にHERO6になってから4K/60fpsに対応したことでスローモーションにも活用することができるようになったのでさらに使い勝手は良くなっているのも大きなポイント。

また今であればYouTubeを基準に考えるのもおすすめ。YouTubeの場合はアスペクト比が16:9になっているので、動画のアップを考えている人はこれを基準にするのが良いかと。

16:9のアスペクト比で考えると以下の解像度になります。

  • 4K
  • 2.7K
  • 1080
  • 720

これに合わせてFPSも高くして撮れる高画質を考えると、HERO5 BLACKでは2.7Kが一番のオススメ。僕はGoProで撮影する時はほとんど2.7Kで撮影していましたが、HERO6に変わってからは4K/60fpsを基本にしてスローモーションに使いたい時は2.7K/120fpsや1080p/240fpsを活用しています。

ちなみに4Kと2.7Kでは解像度の他に何が違うのかというと撮影できる範囲を変えることができます。これは2.7Kでは「ビデオの安定化」機能が使えるため。

4Kの場合は周りの風景も一緒に広く撮影できますが、2.7Kの場合はそこから風景が減って寄ったかのような画角になります。これは映像を5%クロップすることで可能になっていてビデオでの手ブレを補正することができます。つまり映像の画角を犠牲にすることでより安定化した映像を撮影することができるのです。

なので寄りで撮りたいときは4Kよりも2.7Kでビデオの安定化を利用することで寄ったような感じになるのでテクニックとして覚えておくと良いですよ。

FPS

GoPro HERO5 BLACKのFPS

FPSとはFrames Per Secondの略で1秒間に何コマ撮るかという設定。この数字が大きければ大きいほど1秒あたりのコマ数が増えるので、動画の動きが滑らかになります。GoProでは以下のFPSをサポートしています。

  • 240
  • 120
  • 100
  • 90
  • 80
  • 48
  • 30
  • 24

このFPSは動画の解像度によって設定できる数字が決まっています。例えば4Kの場合は30以下のFPSしか設定できません。なのでどんな動画撮りたいかによってこのFPSを事前に設定しておくことが動画撮影では非常に重要。

一般によくあるFPSの例として映画は24fps、テレビは30fpsと言われているので、このあたりの数字で撮影する人が多いと思います。しかし僕が動画を取る際は60fpsで撮影することがほとんど。理由は速い動きの動画を撮影するのとスローモーションに対応させるためです。

速い動きの動画

FPSが低いと速い動きでの動画の場合はコマが足りなくなるので、動きがカクカクしてしまい滑らかな映像からは程遠いものとなってしまいます。

僕は子供を撮影するためにGoProを使うことがほとんどなので、30fpsでも良いのですが60fpsだとそうした子供の動き回る様子が滑らかに撮影することができます。なのでできるだけ60fpsで撮影しておくと後から30fpsにもできるので編集の自由度が上がるので好きな設定です。

スローモーション

スローモーションでは動画の再生速度を遅くすることで動きをゆっくりと見せることができるので、僕は動画の演出で使うことが多いです。個人的にスローモーションが大好きなので。そうした場合にもFPSが高くないと動きの間のコマが足りないので、なめらかなスローモーションにすることができなくなります

例えば30fpsの動画の再生速度を半分にすると、1秒あたりのコマ数も半分の15コマになります。これでは必要なコマ数の半分になってしまうのでカクカクするのは当たり前。以上の理由から僕は60fpsでの撮影が大好きなので、皆さんにもおすすめします!

スローモーションについてはこちらの記事で詳しく紹介しているので参考にしてください。

合わせて読みたい!

[e]GoProでのスローモーション撮影まとめ!メリットから設定まで全てをまとめました

高いフレームレートの注意点

このように高いフレームレートはメリットが多いですが、もちろんデメリットもあります。それがデータ容量が増えることと撮影した映像が暗くなること。

まずコマ数が増えるのでその分必要な容量が増えます。フレームレートが2倍になれば2倍近くに容量が増えると考えてもらうと分かりやすいですね。この容量の問題があるので一概にフレームレートが高いほど良いとは言えないので、撮影する内容によって適切なフレームレートを決めることが重要。

もう一つのデメリットが撮影する映像が暗くなること。これは高フレームレートであるほどその分シャッタースピードが早くなるので、シャッターが開いている時間が短くなります。つまりシャッターが開く時間が短くなるのでそれだけ光が十分に入らずに映像が暗くなってしまうのです。

そのため明るい昼間などであれば問題ないのですが、暗いところでの撮影では高フレームレートであればあるほど光量が足りずに暗くなりやすい。暗いところでの撮影のときにはフレームレートを低くして光がしっかりと取り込めるように設定すると明るい映像を撮影しやすくなります。

FOV

GoPro HERO5 BLACKのFOV

これは動画の画角ですね。解像度やFPSの設定によって変化がありますがSuperView、広角、中間、リニア(魚眼無効)の4通りから設定できます。

僕は広角での撮影がメイン。広い画角で撮れてGoProらしい映像になるのでめちゃくちゃ大好きです。この画角は後からの映像処理でも変更できたりするので、広めに撮っておくと間違いないので僕は広角での撮影をおすすめします。

GoProのProtuneモード

GoPro HERO5 BLACKのProtune

ここからはProtuneモードについて説明します。まずProtuneモードとはその名の通り玄人向けに細かい動画の設定ができる機能のこと。

Protuneでは以下の設定項目があります。

  • カラー
  • WB(ホワイトバランス)
  • ISO
  • シャッタースピード
  • EV修正
  • シャープ
  • オーディオ

カラー

ビデオ撮影時のカラーモードを選択でき、カラーには「GoProカラー」と「フラット」の2種類が用意されています。

GoProカラーは美しい色合いの映像が撮れるということで、彩度高めのカラープロファイルとなっています。なので後から編集はしないから、「GoProだけで綺麗な映像が撮りたい!」という方にはおすすめ。色合いがしっかり出るので僕は大好きです。

フラットは他の機器で撮影された映像とマッチするように色修正ができるニュートラルなカラー。なのでこのカラーでは映像全体が白っぽい感じで映ります。こうすると後から映像編集でカラーを弄りたいときに便利なんですね。ハイライトとシャドウもコントロールしやすいので、「後から映像を編集するぜ!」という方におすすめ。

僕はガッツリとした旅行は後から映像編集するのでフラットに、ちょっとしたお散歩ぐらいだったらGoProカラーで撮影します。

ホワイトバランス

ビデオの全体的な色調を調整する機能です。設定としては以下になります。

  • オート
  • 3000K(白熱灯、日の出/日没など暖色系の光環境で使用)
  • 5500K(昼光色蛍光灯、平均的昼光などのやや寒色系の光環境で使用)
  • 6500K(曇りなど寒色系の光環境で使用)
  • CAM RAW(補正なし)
  • Native (HERO4 と HERO5 のみ) (業界標準の最適色)

まず基本的な考え方として低い数字の3000Kは映像に青みがかかるので、冷たい印象が強くなります。逆に6500Kでは映像がオレンジっぽくなるので、暖かい印象が強くなります。

なので映像の目的に合わせてホワイトバランスを調整しましょう。例えばクールなビデオを撮りたいのであれば、ホワイトバランスは低めにして少し青みをかけた方が格好良く仕上がりやすい、といった感じ。

ちなみにこのホワイトバランスは撮影中でも変更できます。僕は基本オートで撮影することがほとんどで、周囲の光の環境によってたまに変えたりする程度です。

ISO

これは周囲の光を増幅させて画面を明るくするもの。

EV修正との違いは「そもそも周囲が暗いかどうか」です。なので夜間など周りの光が弱いときにはこのISOを使って画面の明るさを調整しましょう。

注意点としては、ISOを高くするとノイズが増えるところ。機械的に光を増幅させているので、光を強くするほどノイズが増えて画面が荒くなります。なのでノイズとのバランスを見ながら明るさを設定しましょう。

HERO6からは動画モードでも最小値と最大値をそれぞれ設定することができるようになりました。これで設定した範囲内で自動的に値を調整してくれるので自分で微調整する必要が減りました。
HERO6でのISO設定

これはHERO5 BLACKでの動画撮影時に苦労していた部分だったのでありがたい進化です。ディズニーシーでマーメイドラグーンに入るといつもこのISOをいじらないといけなかったのでめちゃくちゃ手間でしたが、HERO6からはこうした手間もなくなりますね。

シャッタースピード

シャッタースピードとはその名の通り、動画撮影時のシャッターを切るスピードのこと。この数値を調整することで動きのある動画での表現を広げることができます。

例えばシャッタースピードを早くすると、一瞬の切り出しが強くなって1コマのブレがなくなります。そのため次の1コマと繋がるブレがなくなりより動きがはっきりするので、FPSを高めに設定しないと滑らかな動きがなくなってしまう。逆にシャッタースピードを遅くすると1コマにブレが出るので、前後のコマとの繋がりが生まれます。そのため滑らかな動きの表現が可能になるのですが、その分速い動きではブレが大きくなって細かい部分の描写ができなくなります。

また映像の明るさにも関わります。シャッタースピードが早いほどシャッターが開いている時間が短くなるので、光を十分に取り込めず映像が暗くなります。逆にシャッタースピードが遅いほどシャッターが開いている時間が長くなるので、光をしっかりと取り込んで明るい映像を撮ることができます。

なのでこのシャッタースピードに関しては基本的に自動でOK。ちょっと表現を変えたい時に数値をいじって撮影してみるとおもしろいですよ。

EV修正

これはシャッタースピードや絞りから構成される露出を調整する機能のこと。

GoPro HERO5 BLACKでは撮影時にタッチディスプレイに映像が表示されるので、その時の映像の明るさで判断して調整すればOK。画面が暗いと感じたならEV修正をプラスにして、明るすぎると感じたらマイナスに調整してお好みの明るさに調整しましょう。

また映像の雰囲気で調節するのも良いです。ちょっとほんわりした感じの映像を撮りたいのであればプラスにして明るく、ムーディーな仕上がりにしたいのであればマイナスにして暗くすると雰囲気が出ます。

シャープ

これはシャープネスのことで、映像の輪郭を強調する度合いを調整する機能。高、中間、低の3段階から選べるようになっています。

このシャープネスを低くすると細部の輪郭が少しぼけるようになって、柔らかい印象の映像となります。逆にシャープネスを高にすると細部の輪郭が強調されるので、強い印象の映像となります。

これも撮りたい動画の印象によって変えるのが良いですが、高だとチカチカとした映像になりやすいので僕は中間で撮影することが多いです。後から映像編集をする場合は低の方が編集しやすいですが、場合によってはそこでシャープネスをかける作業(シャープニング)が必要になったりもするので、その作業を減らしたい場合は中間や高で撮影するのもあり。

オーディオ

オーディオのRAWデータを作成するかどうか、またどの程度のデータを作成するかを選ぶことができます。以下の4つから選択可能。

  • 高:フルオーディオ処理を適用
  • 中間:手動音声コントロールの設定(風やステレオ)に基づいて処理を適用
  • 低:最小限の処理を適用
  • オフ

映像には音声が自動で入ってきますが、このRAWオーディオトラックを作成することでオーディオの編集がやりやすくなります。具体的にはノイズの処理をしたり音声自体のボリュームを調整したりなど編集での自由度が段違い。

以前の整骨院時代に患者さんへのインタビュー動画を作った時があったのですが、その時に後から確認したら店舗の前を通るトラックのエンジン音がすごい入っていたんですよ。なのでオーディオ処理でノイズを取り除いたり、患者さんの声のボリュームを上げたりしてなるべく目立たないようにしました。そうした処理もこのように別ファイルでオーディオ処理がやりやすくなるので、僕にとっては嬉しい機能。

なので僕は高の設定で撮影して、RAWオーディオトラックのデータも一緒に保存しています。

ナシタカのよく使う動画設定

ここからは僕がよく使う設定について、撮影シーン別に紹介していきます!

旅行:後でガッツリと映像編集したい場合の設定

  • 解像度:2.7K
  • FPS:60fps
  • FOV:広角
  • カラー:フラット
  • WB(ホワイトバランス):ネイティブ
  • ISO:400
  • シャッタースピード:自動
  • EV修正:0(場所によって調整)
  • シャープ:低
  • オーディオ:高

旅行などでたっぷりとGoProでの撮影をして、後でガッツリ編集したい場合の動画設定。高画質で高フレームレートの素材が準備できるので編集の自由度が上がります。

またRAWオーディオトラックを残しておけば音声の編集もしやすくなるので、僕は必ず高に設定しています。

ちょっとしたお出かけ:後からの編集をあまりしない場合

  • 解像度:2.7K
  • FPS:60fps
  • FOV:広角
  • カラー:GoProカラー
  • WB(ホワイトバランス):自動
  • ISO:400
  • シャッタースピード:自動
  • EV修正:0(場所によって調整)
  • シャープ:中間
  • オーディオ:高

ちょっとしたお出かけなどの動画なら後からの編集はあまりしません。なのでGoProでの撮影時には編集する必要がないようにGoProカラーでホワイトバランスは自動、シャープネスを中間にすることで彩度のあるキレイな動画をGoProだけで撮影しちゃいます。

これでスマホアプリのQuikを使えばある程度のクオリティの動画が簡単に作れるのでおすすめ。時間もほとんどかけずに動画作成の楽しみを味わえるのでめちゃくちゃ楽しいですよ。

なぜ4Kでは撮影しないのか?

上の設定で気になる方もいると思いますが、ガッツリと撮影したい時には僕は4Kよりも2.7Kを利用することが多いです。

それには僕が後から動画編集を行うことにも関連して3つの理由があります。

解像度は2.7Kで十分

僕の利用目的はプライベートでの家族の思い出を残すために動画を撮影しています。

そのため撮影した素材を後で利用することを考えると、高解像過ぎても動画の容量が重くなってしまって使いづらいことが多い

特にまだまだ4K対応のディスプレイが普及している訳でもなく、スマホなどで動画を観ることも考えてもフルHDサイズで事足りることがほとんど。

ただ素材のズームなどに使うためにはギリギリのサイズだと荒さが目立ってしまうので、2.7Kの方が素材として活用しやすいのです。

以上から4Kである必要性があまりなく、2.7Kで十分という結果になりました。

広角とリニアを使い分けられる

さらに2.7Kの使いやすいところはFOV(視野角)を広角とリニアで使い分けられるところです。

HERO6の4K/60fpsは確かに魅力的ですが、FOV(視野角)を広角しか選択できないところが少し残念。

しかし2.7Kであれば広角とリニアを使い分けることで、広角でアクションカメラっぽい広い範囲を撮影してリニアで広角歪みのない映像を撮影するなどの使い分けができるのです。

これは特に他の機材で撮影した映像も合わせて使いたいときにおすすめ。さらにはGoProでも広角でない映像を撮影したい!という時にはピッタリの設定です。

MacBookProでも編集しやすい

僕の動画編集のメインマシンはMacBookProです。13インチでグラフィックボードも十分な性能ではないため、Premiereを利用してのビデオ編集ではスペック的にかなりきつくなります。

特に4K素材を扱った場合にはプレビューの解像度を最低にしても滑らかに動かなくなるのでかなりきつい

そこでまだ解像度の低い2.7Kであれば最低レベルにすればスムーズに動かすことができるので、僕の編集環境では2.7Kの素材を扱うことがベストになっています。

4Kはどんな時に使うの?

じゃあ4Kって別に要らないのかというとそんなことはありません。

4Kのメリットとしては、素材として撮影しておけば後からの編集の自由度が高いところにあります。

2.7Kの場合は編者するならば4KサイズではなくフルHDサイズでの編集がメインになります。それは単純に4Kサイズでは解像度が足りないからです。

つまり2.7Kの素材は後からのどうやっても4Kサイズにすることはできなくて、無理にやったとしても荒い映像になってしまいます。

しかし4Kであらかじめ撮影しておけば4Kサイズの映像も作れますし、そのままフルHDサイズで利用することも可能。まさに編集の自由度が格段に変わってきます。

今はまだ4Kのディスプレイが普及していなくても、これからはこの4Kディスプレイが当たり前になることが予想されます。今では5.2Kも登場していますからね。

そうした時に4K素材であれば高画質な映像が楽しめるようになるので、こうしたことを考えると4Kで撮影するメリットとしては十分です。

まとめ

  • GoProではProtuneも含めて細かい動画設定ができる
  • 設定を変えることで目的に合わせた動画を撮影することができる

今回はGoProの基本的な動画設定とProtuneでの細かい動画設定について紹介しました。様々な設定項目があるので、どうやって設定したらいいか最初はわかりづらいです。僕も使い始めの頃は「なんだこのたくさんの設定項目は!」と驚きましたからね。

僕の設定についても紹介しましたが「これが正解」というものでもなく、その時々によって設定を変えることで様々な動画が撮れるのがGoProのおもしろいところ。

最初は慣れませんが、設定を変えて色々と取ってみることで思いもよらない素敵な動画が撮れることもあります。ぜひ楽しみながら設定をいじってみて、GoProを使い倒してください!

僕もこれから様々なシーンでいろいろな設定を試して見るので、面白いのが撮れたらまた記事なんかで紹介させてもらいます!

GoProの購入を考えている方はまずレンタルしてみるのがおすすめ!

合わせて読みたい!

[e]GoPro HERO6/HERO5 BLACKを実際に使ってみたいならレンタルがおすすめ

GoPro HERO6について詳しく知りたい方はこちら。

合わせて読みたい!

[e]GoPro HERO6はマジで最高!HERO5 BLACKと比較しつつレビュー!

GoPro HERO5 BLACKについて詳しく知りたい方はこちら。

合わせて読みたい!

[e]GoPro HERO5 BLACKを購入したので仕様や充電時間、バッテリーなどの情報をまとめて紹介

スポンサーリンク

スポンサーリンク