MENU
カテゴリー
ナシタカの画像
ナシタカ
GoProブロガー
GoPro大好きな子育てパパ。日々の撮影&動画編集で家族の思い出を残すのがライフワーク。

【GoProブロガーが徹底解説】HERO7 Blackをレビューします!

ナシタカのアイコン画像ナシタカ

GoPro HERO7 Blackの中古価格やバッテリー情報についてもまとめています。使い方や撮影時間についての記事も紹介しているので、詳しく知りたい方におすすめです。

どうも、GoPro大好きナシタカです。

この記事ではHERO7シリーズの最上位モデル、GoPro HERO7 Blackについてレビューしていきます。

前モデルのHERO6 Blackから見た目だけでなく、機能も大幅な進化を遂げており、特にタイムワープ撮影はまさに圧巻の撮影機能。

これまでのGoProでは味わえなかった撮影の楽しさを体感できる、とても素晴らしいモデルとなっています。

目次

GoPro HERO7 Black(CHDHX-701-FW)のスペックと外観

GoPro HERO7 Blackは、GoPro HERO7シリーズの最上位モデルです。

スペックをまとめたのがこちら。

モデル ビデオ解像度 手ブレ補正 写真 スーパーフォト タイムラプス タイムワープビデオ スローモーション Protune 防水性能 GPS バッテリー交換 値段
GoPro HERO7 Black 4K60fps
ハイパースムーズ
1200万画素 最大8倍
(1080p240fps)
10m 40,800円

4K撮影だけでなく12MPでの写真撮影、タイムラプスなど最新の機能が詰まった高性能モデルとなっています。

前モデルのHERO6 Blackと比べると、こちらの機能が追加されています。

  • スーパーフォト
  • タイムワープ

撮影機能がパワーアップしており、さらに撮影が楽しくなっているのが特徴です。

GoPro HERO7 Blackの側面のロゴ

ボディに関してはサイズと重量ともに、HERO6 Blackから大きな変更はありません。

ただ本体の色だけは、HERO6 Blackに比べるとより黒に近づいています。

HERO7 BlackとHERO6 Blackを並べたところ

Blackの名にふさわしい色合いになり、高級感がアップ。手触りもとても良く、実際に使っているだけでかなりの満足感。

各項目へジャンプ

付属品

セット内容はこのようになっています。

HERO7 Blackのセット内容
  • 本体とフレーム(装着された状態で入っています)
  • バッテリー1個
  • USB-TypeCケーブル
  • マウント2種類
  • 取扱い説明書やステッカー

あとはMicroSDカードを用意すれば、すぐに撮影を始めることができます。

ファームウェア

現在の最新バージョンは1.90になっています。

詳しくは公式サイトをどうぞ。

GoPro Official Website – Capture + share your world – HERO7 BLACK

GoPro HERO7 Blackの良いところ

GoPro HERO7 Blackを実際に使ってみて感じた、良いところがこちらの3つです。

手ぶれ補正の進化で荷物が減った

GoPro HERO7 Blackでは『ハイパースムーズ』という、進化した手ぶれ補正機能が搭載されています。

ハイパースムーズオン

公式サイトでは手ぶれを抑えるアイテムのジンバルが不要と紹介されていますが、その言葉通りにジンバルなしで手ぶれのない映像が撮影できます。

こちらの手ぶれ補正検証記事も、合わせて読んでみてください。

▼GoPro HERO7 Blackの手ブレ補正をHERO6 Blackと比較

この手ブレ補正の進化のおかげで愛用していたKarma Gripが必要なくなり、持ち運ぶ荷物が減ったのはとてもありがたい。

アクセサリーも3-Wayがあれば十分撮影できるので、とても身軽に撮影できます。

さらに気楽に持ち運べるので、子どもの撮影がもっと捗るようになりましたね。

また自撮り棒は使わず、スリーブ+ランヤードだけで出かけることも増えています。

首にかけて両手がフリー

首にかけてお出かけできるので、撮影したいときにはシャッターチャンスを逃しません。

手ブレ補正の口コミをみても、みなさんいろいろと撮影してとても楽しそうです。

タイムワープ撮影がおもしろい

GoPro HERO7 Blackで大注目なのが、新たに追加された『タイムワープ』撮影機能です。

これは動きながらタイムラプスが撮影できる機能で、ハイパーラプスと呼ばれることもあります。

設定がこのようになっています。

速度撮影時間ビデオの長さ
2x1分30秒
5x1分10秒
10x5分30秒
15x5分20秒
30x5分10秒

活用シーンと速度の設定はこんな感じのイメージ。

速度おすすめシーン
2x〜5x景色の良い道路での運転
10xハイキングや探検
15x〜30xランニングやマウンテンバイク

こうしてバイクに乗っているところを撮影したり。

ちょっとした散歩で撮影してみたり。

僕はただ撮影しているだけですが、GoProの機能のおかげでこれだけ楽しい動画になるのは素晴らしい。

強力な手ブレ補正機能があるからこそ撮影でき、ハマること間違いなしの一押し機能です。

スーパーフォトで写真もキレイに撮れる

写真機能で新たに追加されたのが、『スーパーフォト』機能です。

これはGoProが自動で写真をキレイに仕上げてくれる便利機能で、より簡単に美しい写真が撮影できるようになりました。

実際に撮影したのがこちら。

この投稿をInstagramで見る

ナシタカブログ(@nashitakablog)がシェアした投稿

この投稿をInstagramで見る

ナシタカブログ(@nashitakablog)がシェアした投稿

スーパーフォトをオンにして撮影するだけなので、簡単に使えるのが最高に便利。

動画だけでなく、写真もキレイに撮れるのでお出かけには最高のお供です。

フォトタイマー機能(セルフタイマー)

写真のフォトタイマー機能が、GoPro HERO7 Blackになってついに追加されました。

HERO7 Blackのフォトタイマー機能

今まではセルフィー撮影をするのにスマホアプリに接続して遠隔操作が必要でしたが、フォトタイマー機能を使ってのセルフィー撮影が簡単にできるようになりました。

タイマーは3秒または10秒から選ぶことができます。

GoPro HERO7 Blackはズームが苦手なのがイマイチ

GoPro HERO7 Blackの弱点は、ズーム撮影が苦手なところですね。

HERO6 Blackから引き続き搭載されている『タッチズーム』は、おまけ程度の機能。

僕はズームで撮影するような場面ではそもそもGoProは使わずに、一眼レフを使うことが多いです。

特に子どもの行事は距離のあるところから撮影することがほとんどなので、GoProよりも一眼レフを使っています。

アクションカメラは、そもそも遠いところを撮影するカメラではないので、割り切って使う必要があります。

▼GoProは運動会で使えるか?

GoPro HERO7 Blackの価格

GoPro HERO7 Blackは公式サイトだけでなく、Amazonや楽天などでも購入できます。

値段もそこまで大きく変わらないので、貯まったポイントなどを活用するのがおすすめ。

僕は公式サイトがおすすめで、その理由はSDカードが無料でもらえるから。

詳しくは▼GoProをお得に買う方法を読んでみてください。

Limited Edition Box

GoPro HERO7 Blackには『Limited Edition Box』という、ホワイトカラーの限定アイテムセットがあります。

これはGoPro HERO7 Whiteとは別物で、GoPro HERO7 Blackとスペックが全く一緒でホワイトカラーになっているもの。

カラー以外には違いはないので、黒よりも白が好みの方にはおすすめ。アクセサリーも白で統一されているので、目立つこと間違いなしのGoPro HERO7 Blackです。

中古について

GoProはフリマアプリでも多く出品されており、型落ちモデルならとても安く購入できます。

ただ中古品の場合は注意が必要で、実際に使ってみると不具合があったりすることもあるようです。

僕のところに来た相談としては、

  • セットのmicroSDカードでエラーが頻発→非推奨のブランドのものだった
  • 時計がズレる→内部の故障
  • 本体エラーが頻発→初期不良?

といったものがありました。

購入の際には動作に問題がないかをしっかりと確認したり、付属品の内容まで細かくチェックしましょう。

以上の理由から、個人的には中古品は避けた方がいいと考えています。Amazonなどで新品を購入したほうが安心ですよ。

レンタル

GoProはレンタルサービスがたくさんあるので、まずはレンタルで使ってみるのもおすすめ。

おすすめのレンタルサービスについては、こちらの記事にまとめているので、合わせて読んでみてください。

▼GoProのおすすめレンタルサービス

GoPro HERO7 Blackにおすすめのアクセサリー

GoPro HERO7 Blackは撮影機能が進化していますが、アクセサリーを揃えておくと、さらに撮影が楽しくなります。

僕がおすすめしたいアクセサリーについては、別の記事で詳しくまとめているので読んでみてください。

▼GoPro HERO7 Blackにおすすめのアクセサリー

GoPro HERO7 Blackの使い方

GoPro HERO7 Blackからは本体の操作方法が、いろいろと変更になっています。

詳しくは別の記事で詳しくまとめているので、合わせて読んでみてください。

▼GoPro HERO7 Blackの使い方

GoPro HERO7 Blackレビューまとめ

GoPro HERO7 Blackは機能が進化していて、特に手ぶれ補正がとても強力になりました。

おかげで、

  • 3-Wayだけで十分撮影できる
  • 荷物が減って持ち運びがさらに楽になる

という、うれしい変化が。

もっと気軽に持ち運べるようになったので、子どもを撮影する機会が増えたのは最高です。

本体だけでも安定した動画が撮影できるので、子どもの動くアルバムが自然と増えていきます。

子どもの撮影のためのカメラをお探しなら、ぜひGoPro HERO7 Blackを使ってみてください。

買う前にレンタルでまず使ってみるのがおすすめなので、こちらの記事も合わせて読んでみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる