MENU
カテゴリー
ナシタカ
GoProブロガー
GoPro大好きな子育てパパ。日々の撮影&動画編集で家族の思い出を残すのがライフワーク。

【GoProのおすすめランキング】初心者向けに選ぶポイントをまとめました!

どうも、GoPro大好きナシタカです。

GoProにはたくさんのモデルがあるので、どれを選んでいいのか迷いますよね?

そもそも買うべきなのか?本当に必要なのか?などの疑問もあると思います。

そこでヘビーユーザーである僕が、GoProの魅力とおすすめモデルについてまとめした。

ちなみにおすすめはHERO10ですが、中古で買うならHERO7 Blackがおすすめです。

目次

GoProとは?

GoProは防水で衝撃に強いコンパクトデジタルカメラ。アクティビディで使われることが多く、アクションカメラと呼ばれています。

手のひらサイズで5K動画や2300万画素の写真が撮れる高性能カメラですが、特徴が広角になっていること。このように広い範囲を撮影でき、臨場感あふれる映像になります。

ディズニランドホテルをGoProで撮影

またアクセサリーでカラダに取り付けて撮影ができ、様々なアングルの映像が楽しめるのもGoProの魅力。

TELESINクリップマウントをリュックに装着

普通のカメラでは撮れない映像を楽しめます。

GoProは買うべき?本当に必要?

GoProは実際に使ってみないとその魅力がわかりにくく、買おうか迷ったり、本当に必要かわからないのが悩みどころ……

そういう方は、GoProでなにができるかを知ってもらうのが一番。

GoProはとても使いやすく、スマホよりもシンプルに撮影できるのが特徴です。

使い方がシンプルで撮影が速い

例えばスマホで撮影しようと思うと、ロック解除してカメラアプリを起動して手間がかかります。撮影するまで8秒ほどかかることもザラ。

GoProなら録画ボタンを押すだけですぐに撮影でき、シャッターチャンスを逃しません。わずか3秒で撮影をスタートできます。

また広い範囲を撮影できるので、子どもの姿を見失うこともありません。走って追いかけながら撮影しても、子どもがしっかりと映像に収まってくれます。

手ブレ補正が強力

GoProといえば手ブレ補正。歩きながらの撮影はもちろん、走りながらでもスムーズな映像になります。

子どもを追いかけながら撮影しても安心で、楽しそうな姿がしっかり撮影できます。

iPhone13 Proで撮影してもこれほどのスムーズな映像にならないので、GoProの手ブレ補正の強力さを実感します。

防水で頑丈なのでどんなときでも撮影できる

GoProは防水で衝撃にも強く、海や雨でも気軽に撮影できます。

家族のお出かけではプールや海でも大活躍。カメラを気にせずに撮影を楽しめます。

防水機能

落としても壊れにくいので、子どもに渡しても安心。いつの間にか動画を撮られていたりと楽しいです。

カラダやリュックに取り付けて撮影できる

豊富なアクセサリーでカラダやリュックに取り付けて撮影でき、普通のカメラでは撮影できない映像が撮れます。

ネックマウント
ネックマウントで首元に固定

また子どもと一緒でも両手が空いているので、手をつなぎながらでも撮影できますからね。

ダイナミックな映像が撮れるだけでなく、家族と触れ合いながらも撮影ができる使いやすいカメラです。

この3つに魅力を感じる方は、間違いなくGoProがおすすめです。

GoProをおすすめしない人

GoProでできないことを期待する人にはおすすめできません。

こちらの4つに当てはまる方は、買う前にGoProレンタルでお試しするほうがいいです。

広角が好みじゃない

GoProは広い範囲を撮れるのが魅力ですが、広角映像が嫌いな人にはまったく合いません。

日が傾きかけたメディテレーニアンハーバー

一応FOVと(視野角)でスマホのような映像を撮ることもできますが、それならスマホで撮影すれば十分。

HERO8の狭角で撮影した写真

広い範囲を撮影したい人ならGoProを長く愛用できます。

マクロ撮影したい

GoProはパンフォーカス(一定の距離以上はピントが合う)となっており、逆に近くの撮影はボケてしまいます

HERO6のボケ始めた時の写真

なので花などのマクロ撮影はまったくできません。こういった撮影を考えているならやめましょう。

暗いところで撮影したい

GoProは明るいところでの撮影が得意なカメラ。逆に暗いところでの撮影はまだまだスマホに及びません。

こちらがディズニーシーのマーメイドラグーンをHERO10で撮影したところ。薄暗いところなのでノイズ(ザラザラした感じ)が出ています。

ディズニーシーのマーメイドラグーン内
マーメイドラグーンのアトラクション乗り場

HERO10 Blackで低光量の撮影が進化しましたが、それでもまだまだ厳しいことには変わりません。

ズームで撮影したい

GoProにはズーム機能がありますが、1.4倍程度でおまけレベルで考えましょう。

GoProのタッチズーム画面

さらに電子ズームでムリヤリ画像を拡大しているので、画質の粗さが目立ちます。僕もまったく使っておらず、動画編集でなんとかやりくりしているのが現状。

運動会のように遠くからの撮影ではほとんど役に立たないので、ズーム撮影を期待するのはやめておきましょう。

GoPro買うならどこがおすすめ?

新品のGoProを買うなら公式サイトがおすすめ。サブスク登録で割引&無制限のクラウドストレージがつくのでかなりお得です。

型落ちモデルならAmazonやメルカリがおすすめ。中古ならアクセサリー付きでお得にゲットできます。

▼GoProをどこで買うかお悩みの方へ

GoProの選び方

自分にピッタリのモデルを選ぶポイントは、こちらの3つです。

360°撮影ならGoPro MAX

5.6Kのキレイな映像が撮れますし、後から好きなアングルの映像を書き出す機能もあります。

GoPro MAX

つまり子どもの映像だけでなく、撮影している自分の姿も動画になるというわけ。

これはGoPro MAXならではの映像なので、360°撮影ならGoPro MAXで決まりです。

キレイな映像が撮れる

GoProは4K動画に対応しており、HERO9以降は5K動画に対応しています。

GoPro HERO10の広角で撮影

映像がとてもキレイで、これだけコンパクトなボディで撮影できるのは最高と言えます。

またフレームレートも60fpsに対応し、スムーズな動きの映像が撮影できます。バイクで走っている風景もヌルヌルでとても見やすいです。

動画のキレイさにこだわるなら、HERO9以降のモデルがおすすめです。

拡張機能を使いたい

GoPro Labs』という拡張機能があり、GoProでさらに高機能な撮影ができるようになります。

具体的にはこちら。

  1. カメラモーショントリガー → カメラが動いているときだけ自動で撮影
  2. USB電源トリガー → USB電源が入ると自動で撮影
  3. モーション検出 → 被写体の動きを感知すると自動で撮影

QRコードでGoProに読み込ませで使いますが、HERO7 Black以降のモデルで対応しています。

GoProのおすすめモデル

選ぶポイントを踏まえ、僕がおすすめしたGoProがこちらの3モデル。

各項目へジャンプ

HERO10 Black

2021年発売の最新モデル。5.3K60fpsのスムーズな映像で子どもの撮影できます。

GoPro HERO10

さらに2.7K240fpsに対応し、スーパースローがさらにキレイに撮影できるようになったのも見逃せません。

僕がいちばんおすすめしたいのが、スマホに近い操作性。タッチパネルの操作がスマホ並みにヌルヌルになったので、普段の使い心地がとても良くなりました。

前面カラーディスプレイの映像もヌルヌル動くので、映像の画角を確認しやすいのも最高。自撮り撮影がとてもやりやすくなりましたね。

機能良し、操作性よし。まさに最強のGoProと呼べるモデルです。

▼GoPro HERO10レビューはこちら

HERO9 Black

2020年発売のモデル。GoPro初のカラー前面ディスプレイを搭載したモデルで、5Kの動画撮影ができます。

HERO9 Blackを正面から撮影

ただタッチパネルの反応が悪く、設定の切り替えで時間がかかってイライラしてしまう弱点があります。

HERO9 Blackのタッチディスプレイ

HERO10に比べると新品で1万円安いので、費用重視ならおすすめ。

▼GoPro HERO9レビューはこちら

GoPro MAX

360°撮影といえばこのモデル。5.6Kのキレイな映像から好きなアングルを選べます。

また手ブレ補正も強力で、360°映像でありながらスムーズな映像が撮影できるのも強みです。

ただ5.6Kは360°映像全体の話で、アングルを選んで切り出すとフルHDの映像になってしまうことに注意しましょう。

さらに360°映像から切り出すには編集作業が必要なので、HERO10に比べると動画管理の手間があります。

▼GoPro MAXレビューはこちら

中古GoProならHERO7 Blackがおすすめ

HERO7 Blackから新しく搭載された撮影機能が多く、コスパが良いモデルです。

GoPro HERO7 Black

特にチェックしてほしいのがこちらの2つ。

スーパーフォトで写真がよりキレイに

スーパーフォトは写真を自動でキレイに仕上げてくれる機能。これさえあればGoPro写真がさらに色鮮やかに撮影できます。

HERO7 Blackで撮影した静止画

使い方もシンプルで、スーパーフォトをオンにするだけ。たったこれだけで写真がキレイになりますよ。

HERO7 Blackのスーパーフォトの説明画面

タイムワープで移動がもっと楽しくなる

タイムワープは動きながらタイムラプス撮影ができる機能。初めて登場したときは、その楽しさに没頭したくらいです。

実際に撮影したのがこちら。ただ歩きながら撮影しただけですが、おもしろい映像に仕上がってます。

タイムワープモードで動きながら撮影するだけ。使い方もシンプルでGoPro1つあれば撮れる気軽さが最高です。

この2つの機能に加えて4K撮影もできるので、HERO7 Blackのコスパはかなり素晴らしいです。

▼GoPro HERO7 Blackレビューはこちら

GoProにおすすめのアクセサリー

GoProを選んだらセットでアクセサリーも購入すると、いろいろな撮影が楽しめます。

僕が愛用しているアクセサリーがこちらの6つ。

  1. サンディスクMicroSDカード128GB
  2. ショーティー
  3. スリーブ+ランヤード
  4. メディアモジュラー
  5. マグネットスイベルクリップ
  6. デュアルバッテリーチャージャー

これさえあれば日々の撮影がストレスフリーになるので、GoProセットでおすすめです。

▼GoPro HERO10におすすめのアクセサリー

まとめ|GoProが自分に合っているかを確かめよう

GoProはコンパクトで高機能なカメラですが、できないこともたくさんあります。

そういった得意不得意を知らないと、自分に必要なのかが判断できません。

そこを踏まえた上でGoProを買うべきだと思えたら、HERO10がおすすめのモデルです。

中古ならHERO7 Blackがコスパ抜群でおすすめなので、自分の撮影目的に合わせたモデルを選んでください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる